宇摩太鼓蔵全国祭写真巻

五穀豊穣と自然への感謝と祈りを目的とする秋祭り。現代に至るまでに、途絶えた出し物もあろうが現存していることを記録に残していくことで祭りを伝えていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

兵庫県洲本市由良町 2007/2/11 内田町

由良町全部の壇尻の乗り手(叩き手)は見れなかったのですが、内田町の乗り手と四国島内の太鼓台との共通点として、徳島県内と東讃の乗り手(主に子供)がたすきがけをしている点にあると思います。三好市池田町佐野の太鼓台の乗り手は小学生で鉢巻とたすきがけをして、叩いています。
由良 内田町 壱

由良 内田町 弐

由良 内田町 参

由良 内田町 四

スポンサーサイト
  1. 2007/03/15(木) 22:20:45|
  2. 淡路島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

兵庫県洲本市由良町 2007/2/11 四丁目

四丁目壇尻です。ここは金縄の布団締めが多い由良湊神社奉納地区でも数少ない刺繍の布団締めです。戦前の愛媛・香川県では、ここと同じく黒地が見える細身の刺繍の布団締めが主流でした。神社拝殿前では除車して練っていましたが、一ヶ所で回しすぎて地面に穴が掘れていました。
由良 四丁目 伍

由良 四丁目 六

由良 四丁目 八

由良 四丁目 拾

由良 四丁目 壱

由良 四丁目 弐

由良 四丁目 四

由良 四丁目 参

由良 四丁目 九

  1. 2007/03/06(火) 21:42:01|
  2. 淡路島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

兵庫県洲本市由良町 2007/2/11 天川

由良 天川 壱

由良 天川 弐

  1. 2007/03/01(木) 22:06:30|
  2. 淡路島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

兵庫県洲本市由良町 2007/2/11 仲小路町

由良 仲小路 八

由良 仲小路 壱

由良 仲小路 弐

由良 仲小路 参

由良 仲小路 四

  1. 2007/02/27(火) 21:39:50|
  2. 淡路島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

兵庫県洲本市由良町 2007/2/11 中之町

今回の遠征で彫り物をじっくり眺めていた壇尻です。かなり細かい仕事をしています。由良町の壇尻には狭間に彫刻がありました。この辺りが川之江等との共通点でしょう。そりゃそうです、上方から伝わりし太鼓台は上方に近い淡路に先に伝来したと考えられるでしょうし、四国では刺繍を豪華にすることを極めたように思えます。反対に淡路では彫り物に力をいれたのではないかと。あ~、他に地区の壇尻をもっと見て見たい・・・。ということで春も遠征します。
由良 中之町 壱

参道に並び、宮入を待つ壇尻

由良 中之町 六
重受けが何層もあります
由良 中之町 参
見えませんが獅子舞が子供達を噛んでいます
由良 中之町 八
龍の幕は迫力があります
由良 中之町 七
ここは昼提灯ではなく、房でした。
由良 中之町 伍
カキ棒が太く短いのが特徴です
由良 中之町 弐
担ぎにくそうです。それにしても、小人数で担ぎますが昔から変わらないのでしょうか?
由良 中之町 四
いつも拝見しているサイトの管理人さんが来られていたことが後日判明。この写真に写っています。
由良 中之町 拾
獅子ではなく狛犬でしょうか?
由良 中之町 拾壱
下も上も松の彫り物です。
由良 中之町 拾弐
麒麟です。麒麟の彫り物は初めて見ました
由良 中之町 拾参
これは獅子の玉遊びではなく、獅子のジャレ合い?え~、なんという題材なのでしょうか?珍しいと思います由良 中之町 拾四
これも狛犬でしょうか?鈴か鞠で遊んでいます
由良 中之町 拾五
蛇の彫り物の欄間です。
由良 中之町 拾六
鳳凰・馬・兎?でしょうか。どことなく西条のダンジリの彫り物に似ていると思いのですが。彫物の題材も似ていますし
由良 中之町 拾七
龍の眉が緑と金が混ざった刺繍です。愛媛県市四国中央市土居町木之川太鼓台も、このような眉です。
八栗新道さんの由良町中之町壇尻レポートですhttp://blogs.yahoo.co.jp/syasu2219chosaja/28808376.html
  1. 2007/02/22(木) 23:41:24|
  2. 淡路島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

カテゴリー

最近のコメント

管理人紹介

旧川之江市在住

丸と映像

Author:丸と映像
名は無くなろうとも
故郷は消えぬ
宇摩の名は歴史に残り
見聞広めし
われ幾多の祭りを
記録に残す見物行脚

全国の祭見物行脚の 記録です。

総来訪者数


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理人直通手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。