宇摩太鼓蔵全国祭写真巻

五穀豊穣と自然への感謝と祈りを目的とする秋祭り。現代に至るまでに、途絶えた出し物もあろうが現存していることを記録に残していくことで祭りを伝えていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DVD発売

今年の川之江秋祭りDVD販売してます。希望者はメールで御知らせください。折り返し購入方法を御知らせします
hyoushi1 [DVD発売]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2013/12/17(火) 23:51:37|
  2. 愛媛県

2007年 川之江・土居秋祭り 予定

運行太鼓台
川之江町
東浜町・中須町・川原町・西之浜町・旭町・井地町・農人町・鉄砲町・馬場町・塩谷町・二名町・栄町・大門・中所獅子組・東町・宮の谷・天生津・栄橋通り・大門子供・古町
金生町
飛龍・鮎・山粋・住吉・大道・通町・川関・小山下西・小山東・小山上・川原田・春日・山田井
上分町
上之町・下之町・金澤
金田町
金川・東金川・西金川・正地・井之上走り出・本村・半田北・南部団地・池之奥
妻鳥町
綿市・新浜青年・中下・綿市幼児・新浜・平木・中上・山口川東土居・松木
川滝町
石川・椿堂・中組・長持
土居町
関・内之川・泉・本郷・木之川・北野・畑野・入野・土居本郷・飯武・上天満・下天満・東天満・蕪崎・津根・八日市・上市御船・中村・小林
他に子供太鼓台が出ます。
主な見所
13日
川之江町 
19時頃より駅通り・栄町商店街付近に太鼓台集合
妻鳥町
14時~14時半 三皇神社氏参り
中下太鼓台 宮下地区運行
土居町上野地区
4時~ 会場出発→千足神社
5時~ 宮出
北小校区
10:30 北小学校グラウンドに担き比べ
地区合同
19:00 ユーホール南駐車場にて担き比べ
長津地区
19:00 ファミリーマート土居店にて担き比べ
北小校区
    JAうま川下支店担き比べ
14日
土居町
12時~ ふるさと広場かきくらべ(土居町体育館前 河川敷。駐車場あり)
旧川之江市上部地区(一部太鼓台) 
13時半 川之江総合支所付近にて統一運行(予定)
地区合同
15時~ JAうま土居中央支店にて担き比べ
15時~ コメリ駐車場にてカキ比べ
19時~ JAうま土居中央支店にて担き比べ
19時~ うどんさぬきや、にてカキ比べ
妻鳥町
18時~ ジャスコ川之江店~綿市交差点(宮ノ下交差点の可能性も)統一運行
上分町
19時~ 上分町三台統一町内運行
川之江町 
19時~ 川之江駅前・栄町商店街付近に太鼓台集合・練合・差し上げ
15日
上分町
9時~ 上分神社宮出し 神輿お供
金生町
9時~ 金生八幡宮宮出し 太鼓台集合・差し上げ
    大人太鼓台・子供太鼓台統一運行
妻鳥町 
11時40分~ 中上荒神~三皇神社まで大人太鼓台三台統一運行
      妻鳥小学校交差点より除車して宮入
~12時 全太鼓台三皇神社宮入
12時~ 三皇神社~妻鳥小学校運動場 子供太鼓台統一運行
土居町
地区合同
⒔時~ 土居総合支所にてカキ比べ
上野地区
15時~ 関川小学校グラウンドにてカキ比べ
川之江町
12時~ 川之江漁港周辺に集合・神輿海上渡行
13時~ 子供太鼓台統一運行 神輿お供 港→栄町駐車場→新町筋→八幡神社
13時~ 大人太鼓台統一運行 港→古町筋→旧川之江橋(差し上げ)→新町筋→農人町筋→亀島前
16時頃 子供太鼓台から宮入
18時頃 大人太鼓台のみ川之江駅前集合→駅前・栄町商店街付近
上分・金田町(金川・上之町・下之町・金沢)
15時頃 上分小学校付近に太鼓台4台集合
16時頃 上分小学校グラウンドに入場 カキ比べ
18時過ぎ 上分バス停付近にて練りあい(例年)
 
蕪崎太鼓台は新調のため、見納め。鮎太鼓台が2年ぶりの運行。栄町太鼓台は布団締め新調。春日子供太鼓台新調。     
  1. 2007/10/12(金) 23:38:58|
  2. 愛媛県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

愛媛県四国中央市金田町東金川 大西神社春季大祭 2007/5/5 大西神社境内 奉納カラオケ大会

以前にも紹介した大西神社〔各地にある大西神社の大本であり、旧社殿は大西備中守親子の墓近くにあった〕市内で芝居を奉納しているのは、ここだけになってしまいました。お隣の川滝町でも、数年前まで氏子手作りの芝居を奉納していましたが、自治体の支援無しや費用の面で止む無く奉納中止の憂き目にあっております。宗教行事に関与せずが旧川之江市の方針であり、伝統行事の保護や継承の観点からも、市が何か支援する事はないかの質問に、何度も「宗教行事の一つとして考えており、政教分離の観点からも支援は考えていないし関与しない」との答えが返ってきており、予算や人員も氏子のみで維持していくしかありません。(太鼓台も似たような扱いで、地域文化の保存と継承には消極的。合併しても、三島地区の太鼓台以外は文化保存と継承には消極的であり、相変わらず三島地区の歴史資料館や史料収集もしない。合併して川之江や土居に歴史資料館があるのに活用されていない)

大西神社の春季大祭は5月9、10日に行われていたが、現在は5/4,5日となっている。これは、多くの地域がそうであるように、氏子の生活環境による変化と、見物の面からである。奉納芝居は天保年間に記録があり、それ以前から行われていた可能性がある。青年組による「能」「浄瑠璃」などが大正年間演じられてきたが、氏子による芝居が行われたりしていたが、役者の確保などで難しくなり旅芝居一座を招くこととなる。遠くは岡山県まで一座を探しに行ったこともあるが、現在は香川県琴平町の一座を呼んでいる。なお、奉納が再開されてからは宵祭の最初に、奉納踊りを披露する。これは、大西備中守の命日である7月9、10日を祭礼日としていた頃から、霊を慰めるために行われている。昭和中期に途絶えたが、古老たちの手を借り、青年団などにより復活し、小躍りを幼年者、大踊りを青年が踊っている。
大西神社2 伍
カラオケ大会は近年行われるようになったが、以前は芝居であった。宵祭りに前編を本祭りに後編をしていた。一晩、役者は近くの民家や旅館に泊まっていたそうだが、自動車が普及してからは一度、地元に帰り翌朝、また芝居をしに来ていたそうであるが、費用の面や役者の負担などから、現在は宵祭りだけの奉納である。
大西神社2 弐

大西神社2 四
狛犬の台座には「東伊予 川之江」と彫ってある。明治時代から東伊予(東予)という呼び方はあったようだ。
大西神社2 壱
カラオケが終盤に差し掛かる頃、人が増えていく。しきりに時計を気にしながら、所々で石に腰をかけて休す人が目に付く。
大西神社2 参
大西神社の拝殿
大西神社2 六
カラオケが終わり、お待ちかねの餅撒きが始まります。終盤に集まってきた人達や、氏子の人達が芝居小屋前に集まっていきます。もちろん餅撒きの写真はありません(笑)ここの餅撒きは、御年配者の部と子供、それ以外の部と別れて行われます。これは安全に、なおかつ満遍なく拾えるようにとの配慮です。来年は、ぜひお越しください。奉納が途絶えないためにも
  1. 2007/09/21(金) 22:44:40|
  2. 愛媛県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛媛県今治市フジグラン今治 2005/9/23

2005年にフジグラン今治で開催されたイベント展示会です。いまだ、祭礼は見たことがありませんが北条市〔現・松山市〕の辻北ダンジリです。太鼓台でいう重受けまでのヤグラに数え切れないくらいの日の丸旗をつけた笹竹を四方につけています。別名「火事祭り」をいい、夜になるとちょうちんに灯りを点し、ライトアップされ、旗が炎の揺らめきのように揺れます。
松山市と合併し、祭礼運行に支障をきたす事になり10月の体育の日を含む土・日・月曜日になりました。
例年の見所です
7日(日) 2:30~ 参道にて練り開始
     4:00~ 正岡小学校にてかきくらべ
     6:00~ 宮出し
     6:30~御供獅子
    16:30~ 宮入り(神輿落とし)
北条鹿島 壱

北条鹿島 弐

  1. 2007/09/17(月) 20:25:10|
  2. 愛媛県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

愛媛県四国中央市新宮町馬立西庄 大西神社鐘踊り 2005/8/28 旧西庄小学校運動場

どうも昔見に行ったらしいのですが、当方憶えておりませんで初めての鐘踊り見物となりました。ちなみに、腹こしらえに霧の森に行きましたがレストランは親子連れで満席。下の川にも大勢の親子連れが、バーベキューや川遊びをしてました。飯をあきらめて、踊りまで時間があるために「ブナの生水」なるものを飲みに・・・・、が到着してみると、竹筒からチョロチョロと少~しの水が出てました。これが「ブナの生水」しかも生水ですので加熱してお飲みください、と看板が立ってました。まあお構いなしに直接飲みましたが、別に腹も下さず現在も生きてます。この「ブナの生水」から大豊よりへ少し行ったところに、非常に珍しい動物が飼育?されてます。一つはキャビアの元で。もう一つはシシ肉の元です。珍しいので、覗いていると所有者の方が現れ、色々と説明してくれました。どうも、業務用ビデオカメラを持って撮影してたので、取材と間違われたようでニジマスやアマゴも養殖してるので直ぐに食べることができる所を紹介してあげると言われましたが、さすがにお断りしました。以前、地元テレビ番組でも紹介されたので、後から数人の観光客の方も覗いてました。色々寄り道しても時間は余り、照明のない笹ヶ峰トンネルを抜け高知県へ。江戸時代から土佐藩主参勤交代に使われた土佐北街道に沿いながら立川番所へと着きました。この立川番所は藩主の宿泊所と通行人の検査、いわゆる関所の役割を果たし、また近隣村の連絡所なども兼ねていました。現在も、重要文化財に指定され近くの土産販売所で「名物 立川そば」をいただく事ができます。この立川を含む「嶺北」は高知市内から見て北の嶺にあることから「嶺北」と呼ばれ、古くから「三椏」「こうぞ」「葉タバコ」「材木」を生業としてきました。明治時代には「碁石茶」と呼ばれる茶葉の産地でもあり、この付近のお茶は土佐北街道を経て讃岐仁尾まで運ばれ、そこから上方などで高値で取引されました。現在は生産者は少なく貴重なお茶です。さて、鐘踊りを見るためには元来た道を戻ることになります。いつの間にか開始まで一時間を切り、多少は無茶な運転も止むを得ない状況になり、林道みたいな県道を爆走し徳島方面へ向かう道に合流。少し進むと旗が立っています。「無形文化財 鐘踊り」この旗が道筋の順々にたっていますの、まず間違わずに途中まではいけます。が、何故か途中から旗が消え勘で進むことになります。地元の方に道を聞きながら20分程のぼると、道脇に縦列駐車が目に付き始め何人かの誘導員?が指示してます。どうやら、会場に着いたようです。林道脇に半数以上が県外ナンバー、しかも京阪神ナンバーが多い!どうもこの時期に帰省し鐘踊りを見るようです。さて、こちらは誘導されず先に進むと奇跡的に止まってた車が退いた後。もちろん、そこに止めました。坂道を下りあること5分。旧西庄小学校に着きました。神社の境内にある今は使われていない小学校。横にあった記念碑に、神社の謂れなどがかかれてました。高度経済成長期に大勢の人が都会や山を下り、この地はそこで時間が止まってしまったのかのように非常に神秘的な空間でした。初めて見る村の祭り。戦国時代の領主「大西備中守〔おおにしびっちゅうのかみ〕」が長宗我部元親軍に攻められ、宇摩金川村轟城より数名の家臣とともに逃げ、村内「山川国秀」屋敷に匿われた。追っ手は、すぐに家臣共々を発見し、一族共に果てた。この屋敷跡に主人は手厚く「備中守」を葬り、後年になって領内で善政を尽くした「大西備中守」を偲び、領内かしこに「大西神社」が作られた。大本は墓跡に作られ、現在は対面の山に移ったが、信仰は絶えず大西一族領地には「大西神社」が多い。この「大西備中守」は大変踊り好きであり、殿様亡き後に領民は大変悲しみ、弔いと追憶の念をこめて踊りを奉納することにした。これが、大西神社に伝わる「鐘踊り」である。
鐘踊り 壱

鐘踊り 弐

鐘踊り 参

鐘踊り 四

鐘踊り 六

鐘踊り 七

鐘踊り 八

鐘踊り 九

鐘踊り 拾

鐘踊り 拾弐

  1. 2007/09/08(土) 01:22:16|
  2. 愛媛県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カテゴリー

最近のコメント

管理人紹介

旧川之江市在住

丸と映像

Author:丸と映像
名は無くなろうとも
故郷は消えぬ
宇摩の名は歴史に残り
見聞広めし
われ幾多の祭りを
記録に残す見物行脚

全国の祭見物行脚の 記録です。

総来訪者数


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理人直通手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。