宇摩太鼓蔵全国祭写真巻

五穀豊穣と自然への感謝と祈りを目的とする秋祭り。現代に至るまでに、途絶えた出し物もあろうが現存していることを記録に残していくことで祭りを伝えていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愛媛県四国中央市川之江町 川之江八幡神社秋季大祭 2011/10/13 栄町太鼓台

御花集めに妻鳥町へ遠征、毎年十三日にやってきます
P1040122.jpg
CIMG1546.jpg
スポンサーサイト
  1. 2012/10/16(火) 22:47:53|
  2. 川之江町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛媛県四国中央市川之江町 川之江八幡神社秋季大祭 2010/10/15 川原町太鼓台

駅に行くともう太鼓台は居らず、全てが帰った後。馬場も組立場目前まで行っており、旭町と栄町は解体途中。農人町も解体中で塩谷は解体されてお開き。古町筋へ向うと川原町太鼓台を発見。数年前も見たのですが、最後は純粋に地区民だけで運行という感じでした。狭い道に提灯つけた太鼓台。ここを統一運行したら一層情緒あふれる風景になります。連ねる夜太鼓、見てみたい。なお、古町は解体して片付け、鉄砲町はまだ栄町へと進行してました、終わったのは何時なんだろか・・・
P1030346.jpg
  1. 2011/09/29(木) 22:19:22|
  2. 川之江町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛媛県四国中央市川之江町 川之江八幡神社秋季大祭 2010/10/15 大門太鼓台

駅前での終結後、一足早く帰落の途へ。撮影場所は組立場から100M程手前で、そのまま組み立て場へ入っていきました。いつもカキ夫が多い大門太鼓台、東大門・西大門・天生津・宝洞山の各自治会からなる連合太鼓台。見所はやはり住宅地周りでしょうか、坂が続く住宅街を提灯つけて進む太鼓台が縦横に巡る、特に下ってくる様は絵になります。下から見ると薄暗い天に浮かぶ提灯、揺れる白き房に光る金糸。はりわりの掛け声に響く太鼓、金生川手前に出てくるところを対岸から見ると水面にうっすらと映る太鼓台。記憶に残る光景です
P1030343.jpg
  1. 2011/09/29(木) 22:13:16|
  2. 川之江町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛媛県四国中央市川之江町 川之江八幡神社秋季大祭 2010/10/15 神輿陸御幸子供太鼓台お供

神輿が栄町に着くまで休憩。ここで神輿は猿太彦命と中所獅子舞と子供太鼓台と共に八幡神社へとむかい子供太鼓台は神輿が亀島に着く前に先に宮入し帰路に着く。中所は還座祭まで神輿と共に行動する
IMGP0639.jpg
  1. 2011/09/19(月) 22:33:15|
  2. 川之江町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛媛県四国中央市川之江町 川之江八幡神社秋季大祭 2010/10/15 大人太鼓台統一運行

IMGP0601.jpg
IMGP0603.jpg
IMGP0581.jpg
IMGP0584.jpg
IMGP0587.jpg
IMGP0591.jpg
IMGP0597.jpg
IMGP0608.jpg
IMGP0613.jpg
IMGP0616.jpg
IMGP0617.jpg
IMGP0620.jpg
IMGP0626.jpg
IMGP0631.jpg
  1. 2011/09/19(月) 22:29:21|
  2. 川之江町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カテゴリー

最近のコメント

管理人紹介

旧川之江市在住

丸と映像

Author:丸と映像
名は無くなろうとも
故郷は消えぬ
宇摩の名は歴史に残り
見聞広めし
われ幾多の祭りを
記録に残す見物行脚

全国の祭見物行脚の 記録です。

総来訪者数


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理人直通手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。