宇摩太鼓蔵全国祭写真巻

五穀豊穣と自然への感謝と祈りを目的とする秋祭り。現代に至るまでに、途絶えた出し物もあろうが現存していることを記録に残していくことで祭りを伝えていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2013/11/12 再開します

状態が整ったので掲載を再開します
スポンサーサイト
  1. 2013/11/12(火) 22:02:48|
  2. 徳島県

徳島県三好市池田町馬路 境宮神社秋季大祭 2009/10/25 馬路太鼓台

三好市池田町で10月最終日曜日に行われる境宮神社の大祭。ここに奉納される太鼓台は大正時代に川之江から購入したものとのこと。中古ではなく新品で購入し、購入先は豊?か?豊という地区の店らしい。でも聞いた事が無い。屋号に「豊」がつくのかもしれない。豊がつく地名は川之江には無いが、通称か小字と思われる。ちなみに三島町上町には久保という地名があったといい、このことからも小字の小字として使われていた可能性がある。川之江で太鼓台を新調できる店は山下茂太郎商店しかないとおもうのだが、他にも縫師がいたのであろうか?布団締めや幕は購入当時の物。平成六年に他の部品は新調した。祭礼出物は神楽・巫女の舞・太鼓台であり、午前10時頃に佐野方面へ午前11時には神社へ戻り差し上げをし昼食、午後1時頃から神楽と舞の奉納をし午後2時ごろに白地方面へ地区周り。午後3時頃には宮入し神輿還座祭で終了。境内に太鼓蔵あり、氏子会館もあり集会所を兼ねているようである。今年は神楽目的で行こうかと思案中・・・
CIMG9381.jpg
CIMG9384.jpg
トンボは一本括り?欄干も現在の川之江とは違いますが、先代上河内太鼓台と共通するものもあります。
CIMG9389.jpg
CIMG9392.jpg
  1. 2010/09/24(金) 21:15:06|
  2. 徳島県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

徳島県三好市池田町馬路 2007/10/28 馬路太鼓台

馬路太鼓台1

馬路太鼓台2

馬路太鼓台3

馬路太鼓台4

馬路太鼓台5

  1. 2007/11/23(金) 20:46:22|
  2. 徳島県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

徳島県三好市池田町馬路 太鼓台運行動画

掛け声は「ひと~つ、ふた~つ、みっつ」走るときは「わっしょい、わっしょい」です。「わっしょい」は佐野太鼓台も用いてましたし、子供太鼓台のかけ声が「わっしょい、そ~れ」でした。共通しているのは、「わっしょい」なんででしゅうか?川之江では神輿の掛け声が「わっしょい」です。昔から「わっしょい」なら、掛け声自体がオリジナル?

  1. 2007/11/15(木) 20:48:44|
  2. 徳島県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

徳島県三好町馬路 境宮神社 2007/10/28 馬路地区内

午後から、稲刈り予定となり宇多津町へ行くことを早々と断念し、数年前から見たかった馬路太鼓台を見ることにしました。新宮村の素鷲神社の山車も見たかったのですが、新宮に行くと他を見ることは難しいという判断で断念しました。来年へ持越しです。さて、馬路太鼓台を見つけるために車は境目トンネルを抜けて、池田町内へ。佐野を通過すると、集落のあちこちに幟が立ってます。間違いなく、ここが馬路のようです・・・・、対岸に神輿を発見したのですが太鼓台はおらず。朝飯を食べるために近くにあった食堂へ。窓から対岸を見ると、神社が見え太鼓台がいました。どうも、神社に太鼓蔵があるようです。まだ、出発しないだろうと、30分程食事を摂り太鼓台を見に神社へ向かうと・・・・、いません。いつの間にか出発したようです。もと来た道を戻り、佐野方面へ行くと集落で接待を受けてる太鼓台と担ぎ手を発見!昨年、佐野太鼓台を見たときもそうですが、小さな集落集落で接待を受けるようです。これも、川之江にはない風景。動き始めたので、車を止めて撮影・・・。掛け声は佐野と違い「ひと~つ、ふた~つ、みっつ」なんでしょう、佐野とは全く違い三豊とも違う掛け声でした。さて、ではどこの掛け声に似ているのでしょうか?これも調べないといけません。形状からして川之江から購入したと思われますが、昭和30年代まで現在は白トンボや赤トンボの太鼓台が黒トンボだった時期があり、そちらから購入したという考えもあります。ただ、確実なのは新規に新調したというのではなく、どこからか買ってきたということです。
馬路太鼓台を見た後、次は曼陀トンネルを越えて高瀬町大水上神社へと向かいました。
馬路 07 伍

馬路 07 六

馬路 07 七

馬路 07 壱

馬路 07 弐

馬路 07 参

馬路 07 四

  1. 2007/11/11(日) 21:18:23|
  2. 徳島県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

カテゴリー

最近のコメント

管理人紹介

旧川之江市在住

丸と映像

Author:丸と映像
名は無くなろうとも
故郷は消えぬ
宇摩の名は歴史に残り
見聞広めし
われ幾多の祭りを
記録に残す見物行脚

全国の祭見物行脚の 記録です。

総来訪者数


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理人直通手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。