宇摩太鼓蔵全国祭写真巻

五穀豊穣と自然への感謝と祈りを目的とする秋祭り。現代に至るまでに、途絶えた出し物もあろうが現存していることを記録に残していくことで祭りを伝えていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愛媛県四国中央市三島みなと祭り 天神花火大会 2006/7/25 三島港沖

昨年の三島みなと祭り 天神花火大会の模様です。港周辺は混在するので、ここ数年は高速道路側道より見物してます。三島は坂の町ですから、高台からも見やすく、近くに行く必要はありません。仕掛け花火は工場が邪魔して見づらいですが(あと300M程、沖合いで打ち上げると見やすくなるはず)10年位前に三尺玉を打ち上げて、燃えカスが海上や観客席間近まで落ちてきて、以来大型花火の打ち上げはなくなりました。弐尺が限度です。20年ほど前は仕替え花火が多く、水中花火もありました。三島港では打ち上げの際にスポンサー企業の字花火を船の側面に点火し、左から右へと移動していきます。合併してからは、毎年花火大会の統合が取りざたされますが、三島は天神祭り・川之江は伊勢神社祭礼の奉納花火大会ということを知った上で、話を進めているのか疑問です。祭礼行事ではなくなったのかもしれませんが
三島花火 06 参

三島花火 06 弐

三島花火 06 四

三島花火 06 七 

三島花火 06 六

三島花火 06 伍

三島花火 06 九

三島花火 06 壱

三島花火 06 八

三島花火 06 拾壱

スポンサーサイト
  1. 2007/08/31(金) 00:00:10|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛媛県新居浜市 2007/7/27 にいはま市民納涼花火大会

新居浜花火 壱

新居浜花火 弐

新居浜花火 参

新居浜花火 四

新居浜花火 伍

新居浜花火 六

新居浜花火 七

  1. 2007/08/24(金) 00:06:26|
  2. 新居浜市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香川県坂出市さかいで大橋祭り 太鼓台競演 2007/8/5 坂出駅前広場

この日は最終目的である太鼓台競演を2年ぶりに見に行きました。午前中に山にある墓を掃除したため、多少体力を消耗しており最後まで見る気力はなく、一時間ほどで帰ることにしました・・・・が、あちこちで撮影したりみてらりすると、一時間なんてすぐに過ぎ、予定時間を軽くオーバー。買い物する予定もあったので8時前に4台の寄せ担きを見届け、会場を後にしました。4年前きたときは、黄色い線なんかあったのかな?お構い無しに中に入り、ビデオ撮影してました。後で一緒に行った人に聞くと、どうも入ってはいけませんとアナウンスがあったらしく大人しく線外で見ていたとのこと。でも、線外だと撮影に限界があります。迫力ある映像を撮るには、多少無理しないといけないと、その頃は思ってました。今は線外で見物してます。問答無用で警備員に押し返されましたから。観音寺50周年記念の時もそうでしたが、線引きは安全確保に必要でしょうが、迫力や一体感が失われているように思えます。太鼓台の待機する場所を変えたりして、もう少し観客が見やすい配置はないものですかね・・・
坂出大橋祭り 07 参

到着したときには、すでに入場も終わり中川原太鼓台が差し上げしてました。
坂出大橋祭り 07 壱

坂出大橋祭り 07 六

坂出大橋祭り 07 弐

坂出大橋祭り 07 伍

坂出大橋祭り 07 四

坂出大橋祭り 07 八

坂出大橋祭り 07 七

  1. 2007/08/16(木) 10:22:31|
  2. 坂出市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

祝!10000回訪問
皆様のおかげをで目出度く10000回訪問を達成しました。これからも色々な祭り写真を掲載し、多くの皆様に楽しんでいただけるよう、色々改良していきます。これからも、よろしくお願いします。
  1. 2007/08/11(土) 23:22:39|
  2. 香川県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

香川県三豊市仁尾町旧仁尾庁舎前 2007/8/5 仁尾雨乞い龍 展示

坂出へ向かう最中、偶然発見しました。詫間へ抜ける道を走りなにげなく横に目をやると龍が鎮座してました。低い唸り声を上げ疲れ果てた龍は、暑いと目で訴えまた水をかけて欲しいと言いたげでした。前日はたっぷりと水をかけられ涼しかったようですが、この日は気温30度以上を超えており、龍でなくとも干上がりそうでした。撮影していると地元の女子中学生が写メをとってました。龍の鱗や足を撮影している姿が怪しかったのか、ちょいと不思議そうな視線を感じ、自分は足早に去りました。それにしても、この龍をはじめて作った人達は、作り方をどう考えたのだろうか?見本でもあったとか?牛鬼も何から発想を得たのか不思議です。それを言えば、すべての山車にも言えることですが何百年前から伝わっているものは、最初は何を見本に作ったのか?見本無しなら、すばらしい発想力です。まさに、偉大なる祖先に方々です。
仁尾雨乞い龍 壱

説明板が設置されてました。展示は常設ではなく、日にちが経てば龍は空のかなたに旅立たれます。仁尾雨乞い龍 弐

後ろから見ると、長さがわかります。これを本番では担ぎながら差し上げたり練ったりして、ときおり口から龍のおたけびとともに白煙が噴出します。
仁尾雨乞い龍 参

来年は、ぜひとも動いている姿を撮影したいと思います。
  1. 2007/08/10(金) 00:01:09|
  2. 三豊市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香川県三豊市三野町  2007/8/5 津嶋神社例大祭 年二回だけの海上渡歩

午後1時に川之江を出発し、一路丸亀へ・・・が、なんと仁尾町で雨乞い龍を発見!!5分ばかし写真を撮ってました。出走の時間が近いので急いで丸亀へ(何の出走かお分かりだと思います)詫間を過ぎ三野へ入ってすぐ、なにやら子供が沢山歩いて誘導員もいます。いつもなら、ただの誰もいない島。でも、この日はお子様連れが沢山来る島・・・。こんなにも多くの人が来るとは、さすが津嶋神社の例大祭。臨時ホームにも駅員?がいました。子供も結婚もしてないので、用はなしと寄ることもなく丸亀へ・・・、多度津も何やら港に露店が!ここも夏祭りでした。数年前、花火大会を見に行き車が浜街道に出るまで1時間以上かかった多度津花火大会。もちろん、ことしも見に行く予定もなく素通りです。丸亀では負け、うさ晴らしに「ふきのとう」へ。満足・満腹になっていざ出陣!!坂出駅近くでは通行制限が行われ、奥では太鼓台の入場が始まってました。運良く近くの駐車場に止めることができ、相変わらず、熱気あふれる会場へと突入しましたが、今年は中まで入り撮影することもなく(黄色のライン内に入っただけで警備員に押しだされた)離れた場所から小一時間ほど撮影し、撤収しました。帰りの車中ではFM SUNのかきくらべ中継を聞きながら、ちょいと買い物へ。八時頃に浜街道を多度津方面へ。帰りに花火が見えると良いなと思い、宇多津に入ると対向車線が渋滞・・・。これは、花火大会は中止か前倒しで終了か?後日、延期と判明。結局、花火は見えず三野に入ったとき津嶋神社の灯りが目に飛びこんできました!なぜか車は無料駐車場へ吸い込まれ・・・、なぜか渡橋料を払い海を渡ってました。おかしいですね、子供もいないし結婚もしてないのに(苦笑)年弐回だけ渡れるのだから、渡らないと。これが、動機です。結果としては、暑い!海の上を歩くのだから涼しいだろうと思ってましたが、無風・密集・水分不足で汗をかきながら橋を渡りました。露店に松玉饅頭があったので、購入。いや~、久しぶりの濃密な日曜日でした。松玉饅頭買えて良かった(^_^)

津嶋神社 壱

津嶋神社 弐

津嶋神社 参

津嶋神社 伍

津嶋神社 四

  1. 2007/08/06(月) 23:47:36|
  2. 三豊市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

愛媛県新居浜市郷土館 先代中筋太鼓台

郷土館は入場無料です。ただし、空調がありませんので秋口に撮影した時は、暑かったです。太鼓台は2階?から吹き抜けて据えてます。どうやって組み立てたのでしょうか?
製作は高木安太郎、布団締め山下八郎縫師です。
a href="http://blog-imgs-14.fc2.com/t/a/i/taikokura/20070801145557.jpg" target="_blank">新居浜郷土館

  1. 2007/08/02(木) 00:10:18|
  2. 展示山車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カテゴリー

最近のコメント

管理人紹介

旧川之江市在住

丸と映像

Author:丸と映像
名は無くなろうとも
故郷は消えぬ
宇摩の名は歴史に残り
見聞広めし
われ幾多の祭りを
記録に残す見物行脚

全国の祭見物行脚の 記録です。

総来訪者数


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理人直通手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。