宇摩太鼓蔵全国祭写真巻

五穀豊穣と自然への感謝と祈りを目的とする秋祭り。現代に至るまでに、途絶えた出し物もあろうが現存していることを記録に残していくことで祭りを伝えていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愛媛県四国中央市妻鳥町 三皇神社秋季大祭 2008/10/13 中下太鼓台

新調を重ねた結果、高さ5.6メートルの重さが2.6トン。カキ棒を数年前に太めで新調し重量も増しました。以前のは今より少し細く年月が経っていたので太めにしました。以前のよりは撓りが少なくなりました。前には差し上げると今より撓りが大きかったので。新調して取り回しが若干悪くなったような気がします。先代はおそらく明治末期か大正時代のもので昭和30年頃に運行されなくなり、おそらく売却されたものと思われます。追跡調査をしていますが、大野原町残水太鼓台が昭和30年頃に太鼓台を購入しており、昭和40年代の写真に昭和60年頃に三豊郡から中下が中古購入した太鼓台の布団締めと思われるものが確認できました。今年は、色々な方に聞いて回りましたが「わからない」とのこと。いまだ謎です・・・
注:指摘があったので、補足と修正を加えました
氏参りを終えて、宮下区域への統一運行へ向う中下太鼓台
中下 802
中下 083
中下 081
スポンサーサイト
  1. 2008/11/30(日) 21:41:27|
  2. 妻鳥町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

愛媛県四国中央市妻鳥町 三皇神社秋季大祭 2008/10/13 新濱青年太鼓台 

新濱地区は二台が運行しており、こちらは青年団・地区外有志が中心で運営する新濱青年太鼓台です。昨年、掛布団を新調し図柄は飛龍、今年は台車を変えステンレスからゴムタイヤへ。この太鼓台の一番の特徴は菊の御紋が入った金物を金縄の上からつけていること。勝手に紋章を使用したとは考えにくいので、なにかしら理由があると思われます
第貮號 新濱青年太鼓台 潮
新濱青年 081
新濱青年 082
新濱青年 083
  1. 2008/11/28(金) 21:20:24|
  2. 妻鳥町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛媛県四国中央市妻鳥町 三皇神社秋季大祭 2008/10/13 綿市太鼓台

 一昨年までは屋号は無く、それ以前もなかったようです。法被に鳳凰と稲穂があしらわれており、そこから鳳凰の屋号にした?現在は法被から長襦袢という衣装となっているいます。妻鳥町では早くから提灯で夜間運行し、主流である弓張り提灯ではなく珍しい丸提灯です。
第壱號 綿市太鼓台 鳳凰
一式製作 梶内だんじり商店   
綿市 081
氏参りを終え、神社から統一運行へ向う
  1. 2008/11/26(水) 21:46:09|
  2. 妻鳥町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛媛県四国中央市妻鳥町 三皇神社秋季大祭 2008/10/13 綿市幼児太鼓台

山口郷総鎮守として中世より棹の杜に鎮座する三皇四社の一つ、三皇神社の秋季大祭が10月13日に行われました。日本武尊が筑紫国へ向う際に白鳥となり降りたたれ、休息された場所が現在の棹の森と云われております。このため、日本武尊を主神として祀り山口郷総鎮守として時の豪族や権力者から手厚く保護され社領も寄進されております。現在は、明治以後の森の開墾と戦後の地租改正により社有地が縮小されており、参道も現在地に変更されました。明治以前は現在の中下公会堂付近に鳥居があり、一直線に拝殿へ向う参道だったようです。現在も名残として、拝殿正面と対極に灯篭と石垣が残されており、道が森の中へ続いています。以前の参道にあった鳥居を御旅所の鳥居に使用しておりますが、明治以前は御旅所はおそらく神社境内にあり、三豊市山本町菅生神社のような境内であったと推測されます。創建以来、幾度も大火に見舞われており創建当時の資料は無く、また町内でも祭事に関する重大な史料も発見されてないので太鼓台がいつ頃から奉納されたのかは不明です。おそらくは江戸末期にはあったとおもわれます。これは綿市太鼓台の太鼓が明治初期に製作されており、当時は土居・平木・中上・松木も大人太鼓台を所有していたことから推測されます。推測でしか祭事については説明できませんが、神社は神主が途絶えることなく存続し、時には隣の定連寺と一体化しながらも氏神として妻鳥村を見守ってきたというのは事実であり、これからも続くことでしょう。できることなら、20年ほど前の15日に境内に露店が並び子供達が集まってくる秋祭りが、また訪れることだとあればと思います。
第壱號 綿市幼児太鼓台 
妻鳥町の子供太鼓台として第壱號太鼓台です。気づいた頃にはありましたから、20年以上前から運行しています。太鼓は七重上にあり、上に乗り叩きます。夜は投稿器をつけ大人太鼓台の後を付いていきます。運行主体は綿市愛護班で担き手は小学生高学年未満の子供です。刺繍は平面刺繍で、布団締め・掛布団は龍。幕は黒地に龍です。法被は水色で、これは以前の綿市の団色です。 
綿市幼児 081
  1. 2008/11/25(火) 22:16:23|
  2. 妻鳥町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛媛県四国中央市川之江町 川之江八幡神社秋季大祭 2008/10/13 東浜町関船 八幡丸

10月13日、今年もやっと、いやあっという間に秋祭りになりました。三日間、朝から晩まで祭り漬け・・・、一年で最高の日といえる3日間。予定では土居町上野から一日が始めるつもりでしたが、起きれずに見送り。自宅近辺に来た太鼓台を見ることにしましたが、仕事は休みではないので合間を見て撮影しました。遠目で確認できた太鼓台は何台もありましたが、撮影できる距離ではなかったので記録に残る初太鼓台は川之江町東浜からです。この日は正午にフジグラン川之江にて濱地区四台のカキ比べがあり、参加後に帰落する関船を妻鳥町中下で撮影しました。この関船は市内でも数台しかない舟形引きダンジリであり、刺繍類は現在の刺繍技術では再現不可能という逸品です。道中では八幡丸舟歌を歌いながら、終日綱で引きながら旧市内を周ります。お断りしておきますが、川之江八幡神社へ奉納しており、秋祭りでの町内運行とは違います。川之江秋祭りは旧川之江市全域の秋祭り総称であり、一部で川之江八幡神社へ市内の太鼓台は奉納するといった趣旨記述のサイトが見受けられます。これは間違いであり、「川之江秋祭り」では市内の各神社へ町内別に太鼓台が奉納される。が正しい説明です。
関船 081
関船 082
関船 083
  1. 2008/11/24(月) 14:12:43|
  2. 川之江町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛媛県四国中央市妻鳥町 平木太鼓台新営お披露目 2008/10/5  

数年来より念願であった大人太鼓台が平木地区でお披露目されました。あいにくの雨の中、到着したときは安全祈願も終わり休憩中。シートの中に潜って刺繍類や彫刻などを撮影して外からじっくりと眺めてると、あるサイトの管理人さんを発見。恐る恐る?声を掛けてみると、やはり八栗新道さんでした。初めて話をしたので少ししか話せず、そうこうしてるうちに動きが。どうやら運行するようで、担き棒に担ぎ手が集まりだし、掛け声と共に差し上げが始まりました。肩を入れて除車し上下に揺する程度でしたが雨の中、見に来ていた方々から拍手が起きました。このあと、集会所を出発し妻鳥郵便局付近の美容院で休憩。休憩中に担き手の方に運営委員の方を呼んでいただきました。理由はお披露目式で配られた概要説明にサイトの記述を引用していただいたので、その確認等。当日は現物をみていなかったので、色々と細かい話を伺うことが出来ました。ご協力ありがとうございました、また新調おめでとうございます。これからも妻鳥町の秋祭りが一層盛り上がり、後世に引き継がれていくよう来年もまた宜しくお願いします。さて、撮影は太鼓台が分譲地に入ったところで終了。予定があったので最後まで見ることができませんでしたが、いい感じのお披露目でした。雨さえ無ければ・・・・
平木 お披露目 081
平木 お披露目 084
平木 お披露目 082
平木 お披露目 083
  1. 2008/11/19(水) 22:28:17|
  2. 妻鳥町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

香川県観音寺市豊浜町 豊浜八幡神社秋季大祭 2008/10/12 中之町太鼓台 

帰りは豊浜で日を越そうと東濱へ向うと・・・解体??幕も掛布団も外して提灯の灯りも消して??須賀太鼓台を迎えるのかと思いつつ暫く見てても動かない。港へと続く大通りで据えたまま10分経過。また後で来ようと八幡神社へ向かっても太鼓の音はせず・・・。こりゃ早めに終わったのかと、境内へ向うと中之町と本町だけがいました。少しして港が戻ってきましたが太鼓も鳴らさずに社を数周して退場・・・。えらいサッパリしてるなと、少し街中を見るもどうやら終わったようで解体中。んん?なんかあったんかいなと、東濱へ戻ると自治会館へ帰る東濱太鼓台と鉢合わせ。よくみると太鼓も鳴らさず飾りもトンボと布団締め以外外してるようで、もう解体するようでした。この時11時前・・・。早かった、今年の祭りはどこもサッパリとして終わったようです。帰りに通りを見ると他の太鼓台に国家権力車両が何やら注意してました。もう祭りの無礼講は通じんのやろな、国家権力にも
豊浜中之町 081
撮影できたのは中之町太鼓台のみです
  1. 2008/11/18(火) 21:51:38|
  2. 観音寺市豊浜町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香川県観音寺市大野原町中姫 中姫八幡神社秋季大祭 赤岡上太鼓台

神社境内では中央太鼓台が鳥居から拝殿まで走りながら行ったりきたりしてましたが、時間が来たのか下赤岡・赤岡上・東村・安井は先に神社から出ました。気づいたときには下赤岡花車は自治会館前まで帰っており、他の太鼓台も帰路に着きました。ここ数年は午後10時過ぎても神社にいたのですが、今年は10時には帰路へ。なんとなく早く祭りが終わった気がします。この後、下赤岡の解体作業を途中まで見て豊浜へ向いました。そういえば下赤岡は解体するときも唄を周りで唄ってましたが、どこも同じように解体するのでしょうか?船ダンジリの解体は初めてみたので新たな疑問が沸きました。
赤岡上 081
  1. 2008/11/17(月) 23:18:14|
  2. 大野原町中姫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香川県観音寺市大野原町中姫 中姫八幡神社秋季大祭 2008/10/12 東村太鼓台

東村 081
東村 082
  1. 2008/11/15(土) 22:48:18|
  2. 大野原町中姫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香川県観音寺市大野原町萩原 井上宗像神社秋季大祭 2008/10/12 下中太鼓台 

下中 081
下中 082
  1. 2008/11/12(水) 20:15:22|
  2. 大野原町萩原地区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香川県観音寺市大野原町萩原 井上宗像神社秋季大祭 2008/10/12 下萩原太鼓台 

他にはやっていないかなと、池之尻町を後にして大野原町へ。ちょうど小学校グラウンドから出てくる太鼓台を発見・・・?10時過ぎてるのに今からグラウンドから出てくるとは??他の太鼓台が出た後に、また別に集まったのでしょうか。露天商も撤収してたので、ずっといたとは考えにくいし。さて、どううなんでしょうか
下萩原 081
下萩原 082
  1. 2008/11/11(火) 22:47:11|
  2. 大野原町萩原地区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香川県観音寺市池ノ尻町 黒嶋神社秋季大祭 2008/10/12 池ノ尻上太鼓台 

たしかカントリーエレベーター前でカキ比べがあったはずと、向かっていたら新田方面から上と下が一緒に来てました。こりゃ、おそっかったかな?まあ来るだろうと神社近くにて待機してると、遅かった!池ノ尻下太鼓台は交差点で岐路に付いた後。残念ながら撮影できませんでした。なんとか池ノ尻上太鼓台だけでも撮影を。と太鼓蔵までの帰路を付いていきました。それにしても、いつもより早く終わった気がします。どうやら10時過ぎて運行していると通報されてパンダが赤色灯つけてやって来るとの噂。来年からは10時までに周りきるようにしないと、ますます撮影しにくくなります。
池ノ尻上 081
池ノ尻上 082
  1. 2008/11/10(月) 23:30:34|
  2. 観音寺市豊田地区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香川県観音寺市出作町 若宮神社秋季大祭 2008/10/12 出作北太鼓台

出作北 084
出作北 081
出作北 082
出作北 083
  1. 2008/11/09(日) 20:11:58|
  2. 観音寺市出作町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香川県観音寺市出作町 若宮神社秋季大祭 2008/10/12 出作南太鼓台

観音寺市制50周年イベントの際に初めて見ました。独特の差し上げ方に惹かれ、もう一度見たいと思いながらもたどり着けず、前日の土曜日にも行きましたが見つけることができず。とうとう日曜日の夕方に神社周辺を散策し、カキ比べの時間を確認し太鼓台の置き場も見つけました。そして、柞田方面から周り神社に太鼓台がいる所を通り過ぎながら確認!いざ撮影へと向いました。ん~、二台だけでもあれば盛り上がることが出来るなんて素晴らしい~。差して、差して、差し上げて~と存分に見ることが出来ました。交互に差し上げ、それを繰り返す。これは地元でも可能ではないかと、ちょっくら人を介して青年団に情報提供することとします。まだ伊勢音頭など唄を唄うのは実現できてませんが、色々見てて掛け声に唄を混ぜてみても良いのではと。まあ、来年は肩布団を持参して最終日に行われるであろうカキ太鼓に参加予定です。ありゃ、重すぎて落とさず進むには練習が必要です。改めて、担ぐ難しさを知りました。はよ、ビデオを編集して年末までにわたさんと・・・
出作南 083
出作南 081
出作南 082
  1. 2008/11/07(金) 21:43:34|
  2. 観音寺市出作町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香川県観音寺市中田井町 松の森天神社  中田井太鼓台

数年見ない間に横に掛布団を増やしてました。しらんかったし、近くに来るまで気づかなかった。完全な観音寺型になりましたね。でも、昭和以前は掛布団が四枚だった地区が大野原や豊浜にもあったのでトンボに網をつけると観音寺型といいきれるのでしょうか?
中田井町 081
中田井町 082これは新規に作ったのでしょうか?暗くて判別できませんでした・・・
中田井町 083
  1. 2008/11/06(木) 10:54:45|
  2. 観音寺市一ノ谷
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

香川県観音寺市古川町 荒魂神社秋季大祭 2008/10/12 古川下所太鼓台

一ノ谷地区の祭りを見ようと荒魂神社へ向かうも、カキ比べは終了・・・。神社から出てきたと思われる古川下所太鼓台を車で追い抜き先回り・・・。サンクスに車を止めて待っていると、なにやら四布団の太鼓台が近づいてきました。んん?この時初めて中田井太鼓台が掛布団を追加していることをしりましたが、なにせまずは古川下所を押さえるべく撮影。いいかげん、昼間の姿も納めないと・・・。来年は色々と知り合いの方を増やして事前に情報収集せんと永久に三豊郡完全制覇は難しいようで。やっと豊浜と大野原の各地区の運行状況を把握できるようになりましたが、まだまだ鳥坂越えまで程遠いです

古川下所 081
古川下所 082
  1. 2008/11/04(火) 20:41:37|
  2. 観音寺市一ノ谷
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香川県三豊市豊中町 豊中秋の祭り 2008/10/12 寺家上太鼓台

寺家上 081
寺家上 082
寺家上 083
  1. 2008/11/04(火) 11:07:54|
  2. 三豊市豊中町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

香川県三豊市豊中町 豊中秋の祭り 2008/10/12 大地太鼓台

大地 081
大地 082
  1. 2008/11/01(土) 23:59:08|
  2. 三豊市豊中町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カテゴリー

最近のコメント

管理人紹介

旧川之江市在住

丸と映像

Author:丸と映像
名は無くなろうとも
故郷は消えぬ
宇摩の名は歴史に残り
見聞広めし
われ幾多の祭りを
記録に残す見物行脚

全国の祭見物行脚の 記録です。

総来訪者数


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理人直通手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。