宇摩太鼓蔵全国祭写真巻

五穀豊穣と自然への感謝と祈りを目的とする秋祭り。現代に至るまでに、途絶えた出し物もあろうが現存していることを記録に残していくことで祭りを伝えていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

香川県三豊市豊中町上高野 五十鈴神社秋季大祭 2009/10/11 各太鼓台奉納差し上げ

車をゆめタウンに止めようと駐車場に入るとDAIKI前で次弟の嫁さんと両親に偶然遭遇。隣に座っていた長弟は気づいたが自分は見学スケジュールと駐車スペース探しで頭の中は一杯だったので言われて気づいた。祭りになると思考の半分はフィーバー状態なので運転は慎重にしないと、祭りが命日になりかねません。一階は止めれませんと警備員に言われ上階に登ろうとすると車専用の入り口を歩いて上に向う御年配者がおり、避けながら前の車が行くものだから坂の途中で少し渋滞が起こってました。警備員、ちゃんと誘導すべきでは?気づいてるはずなのに歩行者が車専用道路に侵入しているのだから注意誘導すべきではないでしょうか?さて車を止め下に下りると、岡上に太鼓台がいるのがチラリと見え、自然と歩幅が大きくなり急いで神社へ向いました。到着すると井出向太鼓台が差し上げするところで、2年前来た時間と同じ場面から見物となりました。十三時頃に来れば宮入から見えるのだろうか?次に仁尾に行くことにしているので長い時間の見物はできず、写真とビデオを撮って30分ほどで神社を後にしました。
五十鈴 091
五十鈴 092
五十鈴 093
五十鈴 094
五十鈴 095
五十鈴 096
五十鈴 097
五十鈴 098
スポンサーサイト
  1. 2009/11/20(金) 21:49:44|
  2. 三豊市豊中町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香川県観音寺市 一ノ谷地区秋祭り 2009/10/11 吉岡太鼓台・中田井太鼓台

加麻良神社からゆめタウン三豊へ向う最中、ベスト電器前を通りかかると太鼓の音が・・・。車はベスト電器駐車場へと吸い込まれ、吉岡・中田井両太鼓台が差し上げをするところを見ることができました。一時間ほど前に小学校で差し上げしたのに、また駐車場で差し上げ。ここでは2台のカキ夫が交互に互いの太鼓台を差し上げ。それにしても、便利ですね、差し上げのときに土台の足に差し込む四角形の杵のような道具は。肩を入れて差し上げるのにさえ手こずる地元太鼓台に是非とも必要な道具だとおもいました。川之江では一から差し上げを行うので台車を外す以外に一旦停止といい動作が差し上げ前以外にあまりなく、この道具なら除車して一旦道具に太鼓台を置いてから肩を入れなおしてかけるし、肩の位置もちょうどよく一気に差し上げれます。これを考え出したのはどなたなのでしょうか?さて、吉岡太鼓台が差しあがると次は中田井太鼓台です。昨年?から掛布団が2枚増えました。情報によると豊浜町先代南太鼓台のものということです。大人太鼓台の差し上げの最中に本大町子供太鼓台が入場してきましたが、このあと移動したので差し上げしたかは存じません。さあ、次は五十鈴神社の祭礼です
一ノ谷 091
一ノ谷 092
一ノ谷 093
一ノ谷 094
一ノ谷 095

  1. 2009/11/18(水) 23:06:16|
  2. 観音寺市一ノ谷
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

香川県観音寺市流岡町 加麻良神社秋季大祭 2009/10/11 村黒町・流岡町奉納太鼓台

鳩八幡神社からの移動中、ふと古い飾りが飾られていることを思い出し観音寺郷土館へ。コミュニティーセンターの展示太鼓台は里帰りして不在で、中にも入れず。ここには古い写真が差し替えられず展示されてます。今は無い子供太鼓台や新居浜型から大野原型に改造途中の姿など。太鼓台がないのでコミュニティセンターには用は無く、郷土館へ行くと奥に掛布団と布団締めがありました。目的は先代摺木久保太鼓台の掛布団。案内板には寄贈とありましたから、ずっと展示されているのでしょう。このような貴重な地区財産を保管保存し知ってもらうためにも「ちょうさ資料館」をぜったい作るべきです。まだまだ地区内で古い飾りを保管している地区は多く、地区の共有財産である太鼓台の保管物を収集し管理保存する施設があれば、失われる可能性も軽減されるのではないでしょうか?破棄したものは二度と戻りません。形が無くなれば存在がなくなります。今からでも収集すべきではないでしょうか?
さて、郷土館をあとにし、一番近い加麻良神社へ向うと太鼓台は岡上にいるようで、適当に車を止めて見に行くと氏子会館と近くに掛布団が2枚ずつ置かれてました。参道下で待っていると神輿が担がれて降りてきて鳥居前で台車を入れ、下っていきました。御旅所も敷地内にあるようで神輿は下の広場から神事場へと移動。次に村黒太鼓台から下りてきました。ここは神社内で動く様子は初めて見ます。今年は神社への滞在時間が長く、この後五十鈴神社へ向けて移動しました。
加麻良 091
加麻良 092
加麻良 093
加麻良 094
加麻良 095
加麻良 0*96
加麻良 097
加麻良 098
加麻良 0910



  1. 2009/11/16(月) 23:09:20|
  2. 観音寺市常磐地区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香川県三豊市豊中町岡本 鳩八幡神社秋季大祭 2009/10/11 鳩八幡神社奉納 

朝から体調が優れず8時出発が出たのは10時頃。早々と高松・坂出・丸亀遠征を諦めて三豊地区で見物に絞り、まずは豊浜へ、が箕浦地区が国道を東へ向っており渋滞。なんとか箕浦の旧道に上がることが出来、混雑している国道を下に眺めながら一路高瀬町へ。萩原はまだ数台しか神社下におらず素通り。豊田地区から上高野地区を通り高瀬町に入ると、近隣で祭りが行われているとは思えない静けさ。太鼓も鐘の音も聞こえず、目的地の池八幡神社へ到着するも獅子舞だけが
地区廻りをしており太鼓台は居らず。地図で探しても「矢田」という地区も無くJA直配所で聞いても知らないとのこと。結局見つけれずに下高野地区へ向こうことにしました。途中で摺木久保太鼓台の組み立てをチラ見しながら、本山駅で「うどん」ずっと気になってた駅横のうどん屋は、こじんまりした店構えで、手作り感あふれるうどんが出てきました。大きさがバラバラで端がきしめん状になってたり。並といった味でした。ただ、駅構内に中国人が20人ほどいたので「なぜ???」ここに集まってんだろ?昼飯を食べて向うは岡本地区の鳩八幡神社。ここへは新築落成記念運行以来の見物。車を池近くに止めて少し歩くと神社参道が見えてきました。残念ながら岡本太鼓台は宮入り中、ちょうど帰来太鼓台が担いで上がっているところでした。川之江ではまずない、坂を担いであがる太鼓台。眼下には三豊平野が広がり、秋祭りを実感できる風景です。三台が宮入し拝殿前で差し上げをし、据えられると神輿と猿田彦乃命が現れ神事が始まります。見学はここで終了。次は加麻良神社へと向いました
岡本 091
岡本 092
岡本 093
岡本 094
岡本 095
  1. 2009/11/11(水) 12:57:48|
  2. 三豊市豊中町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

香川県観音寺市豊浜町 豊浜八幡神社秋季大祭 2009/10/10 豊浜港前

豊浜駅前に近づいていくと何やら誘導係が道路封鎖をしており、通り過ぎるときに駅前に数台の太鼓台が据えられてました。動いてないので撮影せず港へ行くと、いました。東濱と北原が。須賀は終わったらしく集会所に据えられ幕が外されてました。港に到着すると、東濱太鼓台を両地区カキ手で差し上げの真っ最中。なんとか間に合いました。ビデオ撮影しながら写真を撮るとブレタリして上手く映らず、結局5枚ほど撮影。差し上げが済んで双方のカキ手が拍手し、北原をお見送りに国道手前へ二台で移動。国道を渡るときも東濱太鼓台が拍手で見送り、まだまだやるぞと東濱太鼓台はまた戻り、若衆で会議してました。練るのか差すのか帰るのかと、それとも他に行くのか?ここで東濱太鼓台の見物は終了し中之町へ向いましたが太鼓蔵はもぬけの殻で子供太鼓台も居らず・・・。あきらめて箕浦に行くと、ここも終了し帰宅の途につきました。
豊浜 091
豊浜 092
豊浜 093
豊浜 094
  1. 2009/11/05(木) 22:26:40|
  2. 観音寺市豊浜町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香川県観音寺市池之尻町 黒嶋神社秋季大祭 2009/10/10 マルヨシセンター観音寺店

前日は豊浜町を19時頃うろつきましたが、車の中から見る程度。お目当の神田神社氏参りには間に合わず20時頃帰宅。翌日の10日は17時出発のはずが農作業から帰ると18時・・・。出発したのが20時前で結局、豊浜町のかきじょうは終了し町内道路は、どこも通行止めで入れず旧観音寺市へ。柞田町では須賀神社氏子の太鼓台が須賀神社にいましたが車を止めることが出来ず見物断念し日枝神社方面へ向うと、病院近くの空き地に太鼓台が集合してましたが、これも車を止めれず断念・・・。東へ向うとマルヨシセンターに太鼓台がいるのを確認し、まずはマクドで腹ごしらえ。引き返してマルヨシセンターへ行くと、ちょど差し上げの真っ最中。池ノ尻上と池ノ尻下組、下新田の三台がいました。数年前の情報で三台は前日にカントリーエレベーター前で差し上げすると聞いていたのですが見たことが無く、ようやく三台が揃う姿を見ることが出来ました。残念ながら差し上げは終了間近で最後しか見れず。太鼓台が帰落するのを見届けて豊田地区へ向うも不発。柞田町へ行くと多くの太鼓台は帰落しておらず。山王太鼓台が交差点で揺すったりして帰落途中。据え場へ入るのを見てから中姫地区へ行くも終わっており、見れず。最後の望みで豊浜町へ向いました。
豊田地区 091
豊田地区 093
豊田地区 092
豊田地区 094
  1. 2009/11/02(月) 18:41:20|
  2. 観音寺市豊田地区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カテゴリー

最近のコメント

管理人紹介

旧川之江市在住

丸と映像

Author:丸と映像
名は無くなろうとも
故郷は消えぬ
宇摩の名は歴史に残り
見聞広めし
われ幾多の祭りを
記録に残す見物行脚

全国の祭見物行脚の 記録です。

総来訪者数


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理人直通手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。