宇摩太鼓蔵全国祭写真巻

五穀豊穣と自然への感謝と祈りを目的とする秋祭り。現代に至るまでに、途絶えた出し物もあろうが現存していることを記録に残していくことで祭りを伝えていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

香川県観音寺市大野原町萩原 井上宗像神社秋季大祭 2009/10/11 萩原小学校グラウンド

萩原地区は本祭では太鼓台は神輿のお供を終日通すが、神輿が御旅所での神事が終わる頃、神輿の周りを順に太鼓台が周回する。そして、一通り周回が終わると神輿行列が御立ちになり還座祭へと移るために神社へと戻っていく。太鼓台は神社まで行かず、頃合を見て順に帰落する。最後の太鼓台が出るのは21時頃。でもまっすぐ帰らず、遠回りしたり行ったり来たりを繰り返し祭りを名残惜しむ。今年は、到着したときは太鼓台は何もせずに待機してるだけで、近くに行くと一番から差し上げをしそうなので待っていると、少し差し上げようとしたときに電気系統にトラブル発生であえなく、差し上げ終了。他の太鼓台は動かないのでいろいろなアングルで撮影しました。お目当は寺家太鼓台の彫物だったのですが、ここは地元の方が自作した彫刻が付けられてます。そして、是非ともその方とお話したいと思い少し探したのですが「泰正」尽くしの衣装を着られた方を見つけることはできませんでした。また来年です。夜の照明では彫物も細部まで見れず夜間撮影が貧弱なデジカメではなお更写りが悪く後で確認しても、いまいちな写真になってしまい今も後悔してます。さて萩原地区は動かなさそうだったので20分ほどで中姫地区へと移動したのですが、ここも神社境内にいてパス。柞田町へ向うも終了した後で、最後の砦豊浜町へ向いました
萩原 091
萩原 092
荻原 093
荻原 094
萩原 095
スポンサーサイト
  1. 2009/12/25(金) 21:20:47|
  2. 大野原町萩原地区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香川県観音寺市新田町 金安神社秋季大祭 2009/10/11 夜間運行

金安神社 091
金安神社 092
金安神社 093
金安神社 094
金安神社 095
金安神社 096
金安神社 098
ゆめタウン豊中から他の太鼓台を探してさまようと、間違って山本町に来てしまい財田西太鼓台を探したのですが見つからず金安神社へ向かうと残念ながら差し上げなどの奉納が思った後で太鼓台は帰路に着くところでしたが、なにやら太鼓台は神社前の道に並び何かをしそうだったので、しばし待機してると一台づつ差し上げが行われました。境内で存分に差し上げをして、また差し上げ。祭りを名残惜しむように1時間近くしておりましたが、時間は21時前になり他に見物をするため切り上げ、大野原町へ向かいました。
  1. 2009/12/17(木) 00:01:18|
  2. 観音寺市豊田地区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香川県三豊市豊中町 豊中秋の祭り 2009/10/11 ゆめタウン三豊駐車場

数年前から始まった豊中秋の祭りのカキ比べがゆめタウン三豊で行われた。前年までは豊中図書館駐車場が会場だったが近くにゆめタウンが出来たので会場変更。ってか出来たときから、ここでするつもりだろうと思わせる駐車場配置でした。案の定、会場がゆめタウンになり見やすくなりました。観音寺市内で夕食をとりデザートでクレープを買ってると何やらアナウンスが聞こえ「入場してきました」と遠くから聞こえており、予想より早い入場にあせりながらも屋内駐車場へ駐車、まずは上から一枚取りました。下に下りると某サイトの管理人さんが脚立片手に早くも活動中。よくみると、多くの管理人の方がおられました。到着したときは半数が入場したときで、一台づつ入場し本部前で御花を受け取り「御花御礼」。全台入場し終わると主催者挨拶などが行われてました。この間に全台を撮影し終わった頃に阿波踊りが始まりました。何枚か阿波踊りと「ちょうさ」を同じ構図に入れようとしましたが光量が足らずデジカメには捕らえきらなかったので断念。場所を移し屋内駐車場から撮影し、なんとか成功。ここで次の場所に移動しました。
秋の夜に阿波踊りは辛そうだった。やはり夜は冷えるし寒い・・・
秋の祭り 091
秋の祭り 092
秋の祭り 093
秋の祭り 094
秋の祭り 095
秋の祭り 096
  1. 2009/12/10(木) 22:20:33|
  2. 三豊市豊中町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香川県三豊市豊中町比地大 熊岡八幡宮秋季大祭 2009/10/11 御旅所神事

仁尾町からの帰りに探した結果、なんとか発見した太鼓台。熊岡八幡宮近くの池下にある神事場上の池の畔に据えてました。近づきたかったのですが、なにせ池を半周しなくてはいけなく断念。デジカメの3倍ズームでは厳しい距離で遠くからの写真となってます。ここで発見が。神社近くに鳩八幡から抜ける道が開通していることがわかり、来年の移動は大いに楽になります。てっきり、ゆめタウンに来ると思いあまり撮影しなかったのですが、こなかったので後で後悔。もっと情報を収集してスケジュールを立てないといけません。この後、夕食を食べに観音寺に向いました。
熊岡 091
熊岡 092
  1. 2009/12/04(金) 22:58:08|
  2. 三豊市豊中町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香川県三豊市仁尾町 賀茂神社秋季大祭 2009/10/11 宮入奉納

仕事が忙しく久しぶりの更新です。さて、もう師走になりましたがまだまだ神無月の出来事が続きます。
五十鈴神社から仁尾町までの道中。摺木久保太鼓台の組立完成を見てから、熊野神社へ寄ろうとしましたが時間が差し迫っていたのでパスして、一路仁尾町へ。七宝トンネルを抜けると奥に海が見える曽尾地区へ。ここの太鼓台はいまだ見たことがなく、なんとか見てみたい一台。それにしても、こんな斜面に家が並び蜜柑畑が広がるなんて。みかんを作る前は何を生業にしていたのだろうか?いっきに坂を下り、仁尾地区へ入ると誰もいない。明らかに神社に太鼓台はいるもよう。川之江だと祭りでも町に人はいるけど香川や徳島に行くと祭りには街中に人はいなくなる。なぜって、祭りに参加したり見に行ってるから。地区総出で参加したり見に行くことが普通なのかな?宇摩では祭り嫌いが増えてるのかなと思うし、うるさいと感じてる方も結構いる。祭りが変わったのか住民の意識が変わったのか、相容れない意見の不一致が続かないことを願います。賀茂神社近くの道端に駐車するも、去年より車も少なく見てる人も多少少なく感じた。まあ、初めて見に来たときは他県から来る人は少なく新鮮な印象を受けた祭りだったので、観客の多さは気にしない。拍子木で音頭を取る太鼓台は仁尾で初めて見て、今年も見行くほどの魅力が何かある。だから仁尾の秋祭りはスケジュールから外しません。賀茂神社へ着くと宿入が宮入を終えて据えており、北野丸も据えてました。神輿前で巫女が舞を奉納しており、神輿神事と太鼓台奉納が同時に行われ、メインは神輿とはっきりと分かる祭りです。全ての太鼓台は鳥居前から除車し担いで宮入りし、神輿の前で差し上げ奉納を行います。巫女舞、槍奉納、獅子舞奉納と続き太鼓台の差し上げ奉納が行われて神輿は還座式を迎えます。ただし日が暮れるまで続くので最後まで見ると、他を見ないという選択をすることになるので、注意が必要です。
仁尾 091
仁尾 092
仁尾 093
仁尾 094
仁尾 095
仁尾 096
仁尾 097
仁尾 098

  1. 2009/12/01(火) 23:00:29|
  2. 三豊市仁尾町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

カテゴリー

最近のコメント

管理人紹介

旧川之江市在住

丸と映像

Author:丸と映像
名は無くなろうとも
故郷は消えぬ
宇摩の名は歴史に残り
見聞広めし
われ幾多の祭りを
記録に残す見物行脚

全国の祭見物行脚の 記録です。

総来訪者数


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理人直通手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。