宇摩太鼓蔵全国祭写真巻

五穀豊穣と自然への感謝と祈りを目的とする秋祭り。現代に至るまでに、途絶えた出し物もあろうが現存していることを記録に残していくことで祭りを伝えていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愛媛県四国中央市金生町 金生八幡宮秋季大祭 2010/10/14 春日太鼓台

御花集めの春日太鼓台です。例年なら9時には中下太鼓台が松木方面へ向うので来ず、朝一の太鼓台は春日太鼓台となりました。鉄車がいい!昔ながらの川之江型です。ここの台車は上町太鼓台の鉄車用台車とよく似てます。春日太鼓台での運行は二年目で、時々掛け声が三島風に変わります。この時は昼から統一寄せがあるので妻鳥町での御花集めです。北からは金川太鼓台がやってきて、しばし練りあいをし、春日太鼓台は三皇神社方面へ
鉄車の跡、わかりますか?この跡が旧川之江市のあちこちの路面に刻まれてます。
IMGP0412_20110531215405.jpg
IMGP0422_20110531215405.jpg
スポンサーサイト
  1. 2011/05/31(火) 22:02:16|
  2. 金生町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛媛県四国中央市上分町 上分神社秋季大祭 2010/10/13 金澤太鼓台

元上分バス駅前交差点で回し太鼓。下之町・上之町方面から御花集めを終えて帰落するところでした。何回も回してました、この日の金澤は若衆中心の運行なのでギャラリーの女の子も後を付いていきます。上分町の独特なところは後を付いていくギャラリーでしょうか。女性が集団で太鼓台の後を付いていく地区はあまり見かけません。老若男女問わずの秋祭りといったところでしょうか。14日の地区内統一運行は一層ギャラリーが多くなります。
P1030054_20110518001031.jpg
  1. 2011/05/31(火) 21:52:19|
  2. 上分町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛媛県四国中央市金生町下分 金生八幡神社秋季大祭 2010/10/13 住吉太鼓台御花集め

住吉地区内を運行中。提灯の灯りに掛布団の瑞鳳が輝く
P1030093.jpg
  1. 2011/05/18(水) 00:19:43|
  2. 金生町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛媛県四国中央市金生町 金生八幡神社秋季大祭 2010/10/13 飛龍太鼓台御花集め

大道地区内の太鼓蔵へ戻る飛龍太鼓台。当サイトでは下分青年団太鼓台ではなく飛龍太鼓台と表記します。団旗には金生町青年団とあります。飛龍は旧大道太鼓台の屋号ですが一切関係なく金生町で一番早く大人太鼓台を復活させ旧大道太鼓台が川之江八幡神社へ奉納していた際に奉納順が早かったのでそれで飛龍を継いだのと太鼓蔵と発起人が大道の方だったからかと?あくまでも推測ですが、なかなか由来が分かりません
P1030086_20110518001032.jpg
  1. 2011/05/18(水) 00:17:32|
  2. 金生町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛媛県四国中央市妻鳥町 三皇神社秋季大祭 2010/10/13 大人太鼓台統一町内運行

新浜から平木まで運行中の各太鼓台です。探し回り見つけれず市内を巡りました。下之町や上之町も発見したのですが撮影できず。金生町内ではあちこちで通行止めで、妻鳥町へ戻ってきました。情報提供を貰い新浜へ先回り。そこからは運行ルートを知っているので先回りしながら撮影しました。
P1030041.jpg
P1030042.jpg
P1030049.jpg
P1030067.jpg
P1030064.jpg
P1030106.jpg
  1. 2011/05/02(月) 21:26:04|
  2. 妻鳥町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛媛県四国中央市妻鳥町 三皇神社秋季大祭 2010/10/13 新浜太鼓台氏参り

新浜太鼓台の氏参りの様子です。先に松木子供太鼓台がいましたのでゆっくりと入り社殿を周ります。新浜地区の愛護班が運営に携わる地区所有の太鼓台です。新調当時はトンボに電飾をしライトはあまり付けずに運行していました。
P1030007.jpg
  1. 2011/05/01(日) 21:49:17|
  2. 香川県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カテゴリー

最近のコメント

管理人紹介

旧川之江市在住

丸と映像

Author:丸と映像
名は無くなろうとも
故郷は消えぬ
宇摩の名は歴史に残り
見聞広めし
われ幾多の祭りを
記録に残す見物行脚

全国の祭見物行脚の 記録です。

総来訪者数


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理人直通手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。