宇摩太鼓蔵全国祭写真巻

五穀豊穣と自然への感謝と祈りを目的とする秋祭り。現代に至るまでに、途絶えた出し物もあろうが現存していることを記録に残していくことで祭りを伝えていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愛媛県四国中央市中之庄町 今宮神社秋季大祭 2010/10/23 中之庄太鼓台

三島町内での統一運行を終え、帰落の途中の中之庄太鼓台。このあと、具定太鼓台と合流し具定町内まで見送りに行き名残おしむようにしばし練りあったり行ったり来たり。でも撮影と見物はここで終えました。意欲より体力を優先し始めたこのごろ、翌日は農作業があるので体が持たないと判断し撤収。翌日は雨、馬路太鼓台も見に行かずこの年の見物を全て終えました
DSCN2105.jpg
スポンサーサイト
  1. 2011/11/04(金) 23:33:20|
  2. 中之庄町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛媛県四国中央市三島町 三島神社秋季大祭 2010/10/23 川原町太鼓台宮入

先に宮入していた浜町舟太鼓明神丸が拝殿に向い入っていきます。その後を川原町太鼓台が担ぎながら鳥居をくぐり宮入。通称「みしま祭り」の最後を飾る宮入が多くの観客を飲み込んでいる境内へと勇ましく堂々と入っていきます。何度も差し上げながら夜空に浮かぶ月は今年も勇壮な秋祭りを見届け祭りは終わります
DSCN2064.jpg
DSCN2065.jpg
DSCN2066.jpg
DSCN2072.jpg
DSCN2074.jpg
DSCN2075.jpg
DSCN2095.jpg
DSCN2098.jpg
DSCN2102.jpg
  1. 2011/11/04(金) 23:26:57|
  2. 三島町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛媛県四国中央市三島町 三島神社秋季大祭 2010/10/23 三島神社氏子太鼓台統一運行

上町筋と東町筋を交互に通る統一運行、しかし川原町太鼓台と濱町船太鼓の宮入時間は厳守のため、全ての太鼓台が通過せず宮入が始めるので中組太鼓台は引き返すことがある。この年も、西参道途中から引き返し帰っていきました。以前は、もう少しアバウトで全ての太鼓台は通過し濱町と川原町も順路を通り合流し参道近くで待機しておりました。よって宮入は遅れる事が多く、名残惜しんで宮入はすんなり行かないことも。担いで下ろしてを繰り返し少しづつ進み川原町太鼓台は何度も差し上げを繰り返し、屋台が片付けをはじめ境内が少しづつ靜かになるまで境内にいました。濱町は御霊の還座を行わないといけないので先に入り、神事が終わると唄を奉納し速やかに境内から出て行きます。川原町太鼓台は現在は宮入から1時間程で集会所に帰り運行を終えます
DSCN2007.jpg
DSCN2008.jpg
DSCN2006.jpg
DSCN2005.jpg
DSCN2019.jpg
DSCN2028.jpg
DSCN2038.jpg
DSCN2039.jpg

DSCN2055.jpg
DSCN2045.jpg
DSCN2049.jpg
DSCN2057.jpg
DSCN2078.jpg
DSCN2083.jpg
DSCN2092.jpg
金子町太鼓台は濱町・川原町が宮入したあと鳥居前で差し上げを行いました。そのころ中組太鼓台は引き返しすでにおらず。
  1. 2011/11/04(金) 23:18:17|
  2. 三島町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛媛県四国中央市三島町 三島神社秋季大祭 2010/10/23 三島太鼓祭り夜太鼓統一運行 

具定太鼓台・中之庄太鼓台を迎えての統一行動。新町商店街をぬけ本通りに入り本部席で差し上げをし旧今治本陣前で解散。10年ほど前までは中之庄太鼓台と具定太鼓台も三島神社前まで運行していたが帰落時間が遅くなることと三島神社氏子ではないため現在は途中で解散する。なお、用事を済ませたりしてたら具定太鼓台からの撮影になり差し上げも見れてません。どうしても仕事の都合上三島の祭りは全部見る事が無い、だからなるべく誰も見ないところで撮影することにしています。
DSCN1992.jpg
DSCN1999.jpg
DSCN2004.jpg
  1. 2011/11/04(金) 22:48:02|
  2. 三島町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛媛県四国中央市豊岡町 豊岡太鼓祭り 2010/10/23 太鼓台統一運行

18時頃に旧Aコープを出発し大町の寒川との境辺りまで行き、そこから長田太鼓蔵まで統一行動。数年前から始めたらしく5年ほど前は土曜日が最終日にあたり豊岡小学校グラウンドで差し上げなどしてた。三島町では花火が上がっていたがここは太鼓の華が咲いていた。狭い道を行くのも風情があるが新居浜型は差し上げた姿が一番見ごたえがあるようにおもう。聞くと、交互に太鼓蔵前の広場に入り差し上げをするらしい。他にもビデオ撮影してたので直ぐに撤収して三島神社へと向った。後日、そこのDVDを見ると・・・。2班に分けないと無理です撮影は、違う場所で同じ時間に差しあげって撮影できるわけない。どうしよう、来年は豊岡撮影して三島へ行くとベストか?
DSCN1948.jpg

DSCN1951.jpg
DSCN1955.jpg
DSCN1960.jpg
DSCN1966.jpg
DSCN1985.jpg

  1. 2011/11/04(金) 22:36:41|
  2. 豊岡町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛媛県四国中央市三島町 三島神社秋季大祭 2010/10/23 一貫田平田子供太鼓台

上柏町の妻鳥町の隣に位置する地区が1日だけ奉納運行している子供太鼓台。妻鳥町からレンタルして運行、はたして神社には行くのか?いまだ見た事が無い
IMGP0794.jpg
  1. 2011/11/04(金) 22:24:09|
  2. 旧松柏町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛媛県四国中央市三島町 三島神社秋季大祭 2010/10/23 太鼓台宮入

西町から順に担いで宮入りしていく。東町と中組、中田井は神輿が巡幸で出発した後に宮入りする
IMGP0743_20111104221252.jpg
IMGP0747_20111104221251.jpg
IMGP0750_20111104221248.jpg
IMGP0761_20111104221248.jpg
IMGP0772_20111104221247.jpg
IMGP0785_20111104221915.jpg
IMGP0787_20111104221914.jpg
IMGP0790_20111104221913.jpg
IMGP0793.jpg
  1. 2011/11/04(金) 22:20:15|
  2. 三島町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛媛県四国中央市三島町 三島神社秋季大祭 2010/10/23 太鼓台宮入

西町太鼓台が鳥居前に到着した頃、上町太鼓台も担ぎながら神社へ向う。数年前から23日のみ鉄製の車輪を用いた台車で運行する。
IMGP0741_20111104221253.jpg
  1. 2011/11/04(金) 22:15:26|
  2. 三島町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛媛県四国中央市三島町 三島神社秋季大祭 2010/10/23 太鼓台宮入

朝8時から大人太鼓台の宮入が始まる。西町太鼓台は朝7時に太鼓蔵を出発し担いで宮へ向う。若衆は少なくベテランといえる壮年が中心である。担いで下ろしまた担ぐ。参道まで太鼓の音が近づく頃、各太鼓台も出発し神社へ向かう。
IMGP0697_20111104220801.jpg
IMGP0715_20111104220753.jpg
IMGP0721_20111104220752.jpg
IMGP0724_20111104220752.jpg
IMGP0736_20111104220746.jpg
IMGP0737_20111104220755.jpg
  1. 2011/11/04(金) 22:10:22|
  2. 三島町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛媛県四国中央市三島町 三島神社秋季大祭 2010/10/22 村松太鼓台

三島神社へ奉納する村松太鼓台。昭和40年頃に太鼓台の奉納を止めたようだ。伝承では村松町の太鼓台ではなく大僧の太鼓台を村松太鼓台として運行していたとあったが、大僧には太鼓を作る職人がいたようで大僧に太鼓があったというのは、これのことでは?しかし20年ほど前に大僧の公会堂に子供太鼓台が置かれていた記憶があり、太鼓台があると聞いた覚えもある。どちらにせよ村松所有太鼓台は昭和以前に売却したようで、以後は川之江から借りてきて運行していた。上之町や新浜から借りており他の太鼓台も借りていたかもしれないがどうやら妻鳥町と関係が深く交互に貸し借りを行っていたようだ。昭和60年前後に現在の太鼓台に新調したといい中下子供太鼓台最後の年の写真は現在の村松太鼓台と同じでありこれを借りていたようだ。新浜とは隣あっており貸りたのも自然の流れかもしれない。昔は村松と妻鳥の海境には入り江になっており港として利用していたと思われる。現在も一部だが趣が残っており村松大師から新浜荒神まで入り江がある。ここに渡し舟があり村松と新浜を渡していた、海沿いは松並木が寒川から箕浦まで続いていたようで、もしどこかに松並木と太鼓台が一緒に映っている写真があれば貴重な史料である。
DSCN1938.jpg
DSCN1939.jpg
DSCN1941.jpg
DSCN1942.jpg
三島町に参加していた若衆が戻り大人太鼓台として小一時間だけ運行します。あとは23日も夕方の解体まで少しだけ大人のみで運行。昨年御年配者に聞いたところ、町民の高齢化が著しく大型太鼓台として運行するのは難しいので子供太鼓台として今後も運行するそうです。
  1. 2011/11/03(木) 00:01:31|
  2. 旧松柏町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛媛県四国中央市寒川町 石戸八幡神社秋季大祭 2010/10/22 太鼓台宮入

数年に一度は雨の中宮入することになる寒川秋祭り。この年は肌寒かったものの雨も降らず祭り日和となりました。まずは舟太鼓の江ノ元から宮入りします。北側鳥居前には石段があり引っ張り上げます。以前は肩を入れて担いで上がりましたが年により引っ張りあげたり変わるようになりました。鳥居は高くなく注意しないと当たってしまいます。15年前のビデオにはイルミネーションでライトアップされた江ノ元八幡丸が石段の段差に鉄板を敷いて引っ張り上げる模様が映ってます。以前は江ノ元・中部・北部子供が宮入し三台で盛り上がってました。西部・東部は子供太鼓台で夕方前に宮入を済ませ帰落。後に寒川青年団太鼓台が出来ると夜の宮入は四台になり一時期、寒川青年太鼓台も遅れて宮入し5台が宮入りしておりました。寒川青年太鼓台は新居浜型で鳥居をくぐれないので布団締めを外し重を五重程にしトンボも小さく括り少し垂れ気味にして宮入りしていましたが数年で運行中止になり、寒川青年団は寒川西部太鼓台へと変わり、一昨年に東寒川太鼓台が加わりました。百年程前に運行されていた大人太鼓台全てが復活し、これからも寒川秋祭りを盛り上げていくでしょう
DSCN1831.jpg
DSCN1828.jpg
DSCN1834.jpg
DSCN1836.jpg
DSCN1844.jpg
DSCN1849.jpg
DSCN1855.jpg
DSCN1862.jpg
DSCN1867.jpg
DSCN1870.jpg
DSCN1877.jpg
DSCN1881.jpg
DSCN1884.jpg
DSCN1893.jpg
DSCN1894.jpg
DSCN1899.jpg
DSCN1902.jpg
DSCN1903.jpg
DSCN1905.jpg
DSCN1917.jpg
DSCN1920.jpg
DSCN1921.jpg
DSCN1923.jpg
DSCN1932.jpg
  1. 2011/11/02(水) 23:19:25|
  2. 寒川町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カテゴリー

最近のコメント

管理人紹介

旧川之江市在住

丸と映像

Author:丸と映像
名は無くなろうとも
故郷は消えぬ
宇摩の名は歴史に残り
見聞広めし
われ幾多の祭りを
記録に残す見物行脚

全国の祭見物行脚の 記録です。

総来訪者数


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理人直通手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。