宇摩太鼓蔵全国祭写真巻

五穀豊穣と自然への感謝と祈りを目的とする秋祭り。現代に至るまでに、途絶えた出し物もあろうが現存していることを記録に残していくことで祭りを伝えていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

香川県観音寺市市制50周年記念 太鼓台寄せ 2005/3/27 琴弾公園有明グラウンド

二度と集めることは出来ないでしょう、旧観音寺市で行われた「太鼓台よせ」です。本来は前年11月に行われる予定でしたが、秋に台風が通過し、高潮等の被害に合い、旧観音寺市内などが被災。グラウンドも海水が入り使えず、災害復旧のめどが立った3月に延期されました。この時の災害の様子が、郷土資料館に写真展示されてました。資料館も被災し、資料が流出したり水につかり、数ヶ月は臨時閉館していたと書いてました。さて、太鼓寄せ当日、7時には太鼓台は出発し早い地区はグラウンド付近まで来るとのことで、早起きし観音寺へ・・・。しかし早くも交通整理が行われており、駐車場探しに市内を周り、結局バスを使おうとサテイに駐車・・・。が、てっきり、駅から会場までバスが出ていると思っていたら、じつは駅が終着でることが判明!これなら、山田産業団地か高室小学校に車を止めるべきだったと後で嘆いても、すでに遅し。しかたなくグラウンドまで歩きました。これが、最後に裏目にでるとは・・・。柳町商店街を抜けて途中、道に迷いながら〔今も時々方向がわからなくなる。何回行っても旧市内は自分的に軽い迷路〕財田川を三架橋を渡り琴弾八幡宮横を過ぎてグラウンドへ。着いた時は、各太鼓台は昼食をとってました。どの太鼓台も、太鼓を叩いていなかったのですが、時間が経つにつれて一台、また一台と叩き出し。イベント開始時には、多くの太鼓台が叩いてました。さて、太鼓寄せの進行は書くと長くなるので、省きますがイベントも佳境に入った頃、ポツポツト雨が降り出し、そして終了時には大粒の雨でグラウンドは、ぬかるんでました。まさか雨が降るとは思っておらず、ずぶぬれになりながら帰っていく太鼓台を一台づつ撮影。中太鼓を撮影して、帰ることにしましたが、その時ふと気づきました。これから、雨の中を駅向こうまで歩くことを。そして、それが辛い事を。6時間、座らずに立ちっぱなしでした。しかも、飯も食わずに。食おうかなと思いましたが、太鼓台を見ていると、不思議と空腹を忘れていたのですが・・・。不思議です、ありえない気持ちにささせてしまう太鼓の魔力〔魅力〕空腹と足の痺れを感じながら、どうにか車まで戻りましたが、さすがに寒くなりずぶ濡れの格好で100円ショップのタオルを買い、なんとか寒さを治まらせ、飯を探しに〔うどん屋〕走り、結局は将八へ。んで、食べたら、夜太鼓撮影に、観音寺市内を走り回り、8時頃に酒太鼓を撮影して終了。帰ったら10時前でした・・・。ん、12時間は太鼓台を見ていた?ということには帰って気づきました。
50周年 弐
写真撮影:すいこま~小屋 管理人「すいこま~」さん

50周年 壱
写真撮影:すいこま~小屋 管理人「すいこま~」さん

下中 50周年 壱
写真撮影:すいこま~小屋 管理人「すいこま~」さん

大道上 50周年 壱
写真撮影:すいこま~小屋 管理人「すいこま~」さん

上出 50周年 壱
写真撮影:すいこま~小屋 管理人「すいこま~」さん

黒淵 50周年 壱
写真撮影:すいこま~小屋 管理人「すいこま~」さん

50周年 参 
写真撮影:すいこま~小屋 管理人「すいこま~」さん
「すいこま~」さん、掲載許可ありがとうございます。この場を借りて、御礼申し上げます
http://blog.livedoor.jp/suikomar34/
観音寺50周年 弐
撮影:真堂 ビデオよりキャプチャー
観音寺50周年 壱
撮影:真堂 ビデオよりキャプチャー
観音寺50周年 参
撮影:真堂 ビデオよりキャプチャー
  
スポンサーサイト
  1. 2007/09/14(金) 22:34:31|
  2. 観音寺市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<愛媛県今治市フジグラン今治 2005/9/23 | ホーム | 香川県三豊郡豊中町岡本 鳩八幡神社秋季大祭 2005/10/9 鳩八幡神社境内 宮入>>

コメント

不出来な写真ばっかりですがありがとうございます。
  1. 2007/09/15(土) 02:03:51 |
  2. URL |
  3. すいこまー #-
  4. [ 編集]

思えばこのイベントをきっかけに、ネットでの情報収集の重要性を認識したような気がします。

それまでは、新聞での情報しかなかったため、このイベントも、かきくらべが午後からだったので、お昼ごろには太鼓台が入場してくるだろうと思って現地に行きましたが、とっくの昔に入場していました。
  1. 2007/09/15(土) 02:14:55 |
  2. URL |
  3. 八栗新道 #84Y6QRd6
  4. [ 編集]

すいこま~さん>躍動感伝わる素晴らしい写真をお借しくださりましたこと、重ね重ねお礼申し上げます。また、機会がありましたら、また宜しくお願いします 
八栗新道さん>確かに現在は一応ネットなどで検索し、情報収集に努めることが多いですね。、実際に行ってみないとわからないことが多いです。今は、極力情報を集めてから行くことにしています
  1. 2007/09/15(土) 21:38:14 |
  2. URL |
  3. 真堂 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taikokura.blog82.fc2.com/tb.php/108-66a98867
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近のコメント

管理人紹介

旧川之江市在住

丸と映像

Author:丸と映像
名は無くなろうとも
故郷は消えぬ
宇摩の名は歴史に残り
見聞広めし
われ幾多の祭りを
記録に残す見物行脚

全国の祭見物行脚の 記録です。

総来訪者数


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理人直通手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。