宇摩太鼓蔵全国祭写真巻

五穀豊穣と自然への感謝と祈りを目的とする秋祭り。現代に至るまでに、途絶えた出し物もあろうが現存していることを記録に残していくことで祭りを伝えていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ここらで一息 幕解明

太鼓台・だんじり・御船には幕が付いている物が多く、これも地区により題材が違います。一番多いと思われるのが志度玉取り物語です。
志度珠取物語
古く平安時代。藤原鎌足供養のため面向不背の珠(仏が全ての角度から正面に見える)が唐から送られた。だが途中の讃岐国志度沖で、しけに遭い、海神〔龍神〕が珠を奪い竜宮に戻っていった。鎌足の息子である不比等、この珠を取り戻しに志度にやって来たが、志度の海女と結ばれ房前が生まれた。不比等が志度に来た事情を知り、海女は海に潜り竜宮から珠を取り戻そうとする。龍神と戦いながらも珠を竜宮の中から見つけ、海女は乳房を切り、その中に珠を隠し不比等の元に持ち帰るが、龍神から受けた傷が元で真珠島で命を果てた。海女は志度寺に厚く葬られた。
何故、この物語が多く題材に選ばれるのでしょうか?これも意味があるのかも知れません。
浜町 弐
三島町浜町御座船 横幕 再興以前に使われていたものか?宇摩地方の写真は、ホームページに載せますので、ブログでは一部のみ公開します。
内野々太鼓台 九
大野原町内野々太鼓台 現在、調査中 
田野々太鼓台 伍
大野原町内野々太鼓台 天照大御神の岩戸隠れと思われる。
日本神話の一話であり、皇族の祖神と言われる天照大御神にまつわる話。
天照大御神の親であるイザナギが死んだ妻のイザナミの居る黄泉の国から生還し、黄泉の穢れを洗い流し、この時に左目を洗ったときに天照大御神が、右目からツクヨミ、鼻からスサノオの三貴子が誕生した。イザナギは天照大御神に高天原を、スサノオに海原を治めるよう指示したが、スサノオはイザナミのいる国に行きたいと言って泣き続けたために、イザナギによって追放される。スサノオは根の国へ行く前に天照大御神に会おうと高天原に上ったが、天照大御神はスサノオが高天原を侵略する為に来たものと思い、武装し戦の準備をした。スサノオは身の潔白を証明するために誓約をし、天照大御神の物実から五柱の男神、スサノオの物実から三柱の女神が生まれ、スサノオは勝利を宣言する。しかしスサノオは根の国に行くことなく居座り続け、高天原で乱暴を働き、天照大御神は天岩戸に隠れてしまった。この為、光が世界から奪われ、暗闇に包まれた世の中では様々な禍が発生した。八百万の神々は相談し案を出しあい天照大御神を岩戸から出す事に成功し、スサノオは高天原から追放された。
スポンサーサイト
  1. 2006/11/23(木) 00:03:32|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<観音寺市大野原町青岡 2005/10/16 頂懸神社 | ホーム | 観音寺市柞田町 2006/10/08 サンシャイン柞田前>>

コメント

ふさざき

私の場合、ここ3、4年前くらいからあちこちの太鼓台を見るようになりましたが、それまで海女の玉取りなんて物語、すっかり忘れておりました。
志度湾沿いの小学校に通っていたため、道徳の時間に教えてもらったのを思い出しました。
「房前」というのは琴電の駅名で残っています。
  1. 2006/11/25(土) 13:10:43 |
  2. URL |
  3. ちょーさじゃ #84Y6QRd6
  4. [ 編集]

一度、徳島発高松行きの普通列車で旅をした時、ちょうど志度湾付近にさしかかり、夕日に輝く島と海が今でも脳裏に焼き付いています。波のないような海に島の奥が赤く染まり、今までの夕日の風景より勝る景色でした。入り江の多い宇和海の夕日も良いですが、今でも志度の夕日が一番印象に残っています。
志度には機会があれば行きたいと考えています
  1. 2006/11/26(日) 01:22:48 |
  2. URL |
  3. 真堂 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taikokura.blog82.fc2.com/tb.php/12-21036980
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近のコメント

管理人紹介

旧川之江市在住

丸と映像

Author:丸と映像
名は無くなろうとも
故郷は消えぬ
宇摩の名は歴史に残り
見聞広めし
われ幾多の祭りを
記録に残す見物行脚

全国の祭見物行脚の 記録です。

総来訪者数


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理人直通手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。