宇摩太鼓蔵全国祭写真巻

五穀豊穣と自然への感謝と祈りを目的とする秋祭り。現代に至るまでに、途絶えた出し物もあろうが現存していることを記録に残していくことで祭りを伝えていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

香川県観音寺市豊浜町箕浦 神田神社秋季大祭 船御幸 2007/10/14 箕浦港

何年も前から、一度見てみたかった神田神社の御輿船御幸。川之江も祭りでしたが、昼に戻ることにして行って来ました。国道十一号線を東へ行き、香川県に入ると渋滞・・・。横道に入り車を止めてから、渋滞の原因を探しに行きました。すると、箕浦太鼓台が走ってました激走です。車線を全て止めて、真ん中を激走し踏み切り前に太鼓台を止めます。「関谷」「恵比寿」「箕浦」が揃い、御輿の到着を待っています。よく見ると、トラックから御輿を降ろして担ぐ準備をしてました。神田神社は山裾にあるのでトラックで運んできたようです。毎年、渋滞に巻き込まれる理由がわかり、迂回の指示も出ない理由がようやく判明しました。迂回路には御輿がいて、しかも線路前には太鼓台が待機していると、そりゃ迂回なんて出来ません。迂回路は踏み切りを渡らないと行けませんから。さて、御輿が担がれながら坂を下り太鼓台の前を通り過ぎます。勢いついた御輿は、何故か港とは逆方向の愛媛県側へ・・・・、と思ったら戻ってきました。さすがに越境はしないようです。家々の前で、神輿を高く上げ揺らします。上げたまま、港へと向かい神事場に鎮座します。神事の間、氏子に酒が振舞われたり、担ぎ手は休憩をとったりしますが、獅子舞が奉納されている横で酒盛りが始まってました。どこかのテレビ局が取材に来ているようで、盛り上がってました。神事が終わると、神輿は船に乗ります。見送りをするために、太鼓台は港へと向かい、船に各地区の氏子や責任者が乗りこみ、船御幸のお供をします。波が高いと、船御幸は陸御幸になりトラックで関谷港へと運ばれるそうです。先頭は天狗(猿田彦乃命)で露払いの役割を担います。神輿港を出て、西原の恵比寿神社に立ち寄ります。が、見物は港を出たところで切り上げました。じっくりと見たかったのですが次の場所に移動しないと昼に川之江に戻ることが出来ないので。来年は、関谷側から見物しようと考えております。
神田 船御幸 壱

神田 船御幸 弐

神田 船御幸 参

神田 船御幸 四

神田 船御幸 伍

神田 船御幸 六

神田 船御幸 七

神田 船御幸 八

神田 船御幸 拾

神田 船御幸 九

スポンサーサイト
  1. 2007/10/31(水) 20:51:26|
  2. 観音寺市豊浜町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<香川県観音寺市大野原町青岡 頂縣神社秋季大祭 2007/10/14 神社周辺 | ホーム | 香川県観音寺市豊浜町和田 さぬき豊浜ちょうさ祭り 2007/10/13 和田お祭り広場(御旅所)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taikokura.blog82.fc2.com/tb.php/145-0075fd49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近のコメント

管理人紹介

旧川之江市在住

丸と映像

Author:丸と映像
名は無くなろうとも
故郷は消えぬ
宇摩の名は歴史に残り
見聞広めし
われ幾多の祭りを
記録に残す見物行脚

全国の祭見物行脚の 記録です。

総来訪者数


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理人直通手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。