宇摩太鼓蔵全国祭写真巻

五穀豊穣と自然への感謝と祈りを目的とする秋祭り。現代に至るまでに、途絶えた出し物もあろうが現存していることを記録に残していくことで祭りを伝えていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仲多度郡多度津町 2006/11/19 多度津郷土館

多度津町でかつて使われていた「ちょうさ」の模型と写真が展示されていると八栗新道さんのブログで知り、しかも展示は11月一杯までということで早速行ってきました。本当は、庵治町まで行く予定でしたが出発が遅くなり断念。JR工場を東へ過ぎれば案内標識がありますが、駐車場は四台程しか置けず、前から入ると脱出は困難。近くの駐車場をさがした方が無難です。太鼓台を展示している場所は香川県だと観音寺市に2ヶ所、琴平町郷土資料館。愛媛県は新居浜市郷土館とマイントピア別子、西条子供の国。
多度津 弐

トンボは一本で括っているようです。奥に幣も見えます。隅房は黒ですが隅房があるということは、伝播より少し発展した形態では無いでしょうか。あと昼提灯も見えます。上方から伝わったものだと思います。琴平や坂出、丸亀も昼提灯がある「ちょうさ」があり、伝播時期や形態は似ていると推測されます。沿岸部に集中して、このような形態の「ちょうさ」が多い事は明らかに上方との交易により伝わり、しこも時期も近いと言えるのではないでしょうか。
多度津 四

トンボは先端に刺繍が施されています。
多度津 参
この模型は本職の方が創られたのでしょうか?彫り物もあり、房も細かく作られています。伊吹島にも同じような模型〔子供太鼓台〕があります。
多度津 伍
高欄には掛け布団が見えます。青い房が印象的です。大人が太鼓を叩いているようですが、二人入れば一杯の広さでしょう。この写真は20年位前に運行された最後の姿だそうです。観音寺市の太鼓台で多度津から購入した地区がありますから、ある程度の大きさの太鼓台が戦後すぐまでは、あちこちで現存していたものと思われます。詫間町にも黒トンボの太鼓台がありましたが、現在香川県歴史民俗資料館に寄付・保管されています。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/02(土) 23:54:42|
  2. 展示山車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<三豊市山本町辻小学校横 2006/10/29 | ホーム | 観音寺市大野原町福田原 2005/10/16 町内運行>>

コメント

観音寺で多度津から購入した地区があるんですか?!ということは過去には結構な台数もあったんでしょうね。
資料館の駐車場、めちゃ狭いですね(笑)少し南の役場の駐車場か、東側のラーメン店の駐車場に停めるのがいいですね。
  1. 2006/12/03(日) 09:22:50 |
  2. URL |
  3. 八栗新道 #84Y6QRd6
  4. [ 編集]

観音寺市丸北は初代は多度津方面から購入したそうです。池田町佐野と旧観音寺市にも某サイトで昔の写真紹介で似た形態の太鼓台があり、これも同じ方面から来たのではないでしょうか
  1. 2006/12/03(日) 22:26:27 |
  2. URL |
  3. 真堂 #-
  4. [ 編集]

訂正
観音寺の丸北と池田町佐野は同じ形態ではないかということを付け加えて、某サイトの昔の写真に写っているのも丸北です。よって確認できているのは丸北一台のみ
  1. 2006/12/03(日) 22:42:06 |
  2. URL |
  3. 真堂 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taikokura.blog82.fc2.com/tb.php/15-352179ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近のコメント

管理人紹介

旧川之江市在住

丸と映像

Author:丸と映像
名は無くなろうとも
故郷は消えぬ
宇摩の名は歴史に残り
見聞広めし
われ幾多の祭りを
記録に残す見物行脚

全国の祭見物行脚の 記録です。

総来訪者数


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理人直通手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。