宇摩太鼓蔵全国祭写真巻

五穀豊穣と自然への感謝と祈りを目的とする秋祭り。現代に至るまでに、途絶えた出し物もあろうが現存していることを記録に残していくことで祭りを伝えていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愛媛県四国中央市妻鳥町 三皇神社秋季大祭 2008/10/15 平木太鼓台・松木子供太鼓台

平木地区の新旧太鼓台合同写真撮影の様子です。川之江町古町太鼓台・栄橋通り子供太鼓台も毎年合同で写真撮影してます。
平木・松木 01
集合前の一服
平木・松木 02
改めて少子化の波を感じとれます。松木も平木も20年前は子供が多かったのですが、写真を見ても今は数えるほど。浜田が少子化で運行休止になり復活は望めなくなり、中下も子供主体の運行が無くなり松木も少子化に歯止めがかからない場合は運行休止も考えられます。新濱も将来的に一台にせざるをえない時期が来るでしょうし、国がもっと福祉政策に税金を掛けて産む・育てる・生活できる安心が平等に受けれると保障されないと人口減少に解決策は無いと思います。

ミニ知識:平木とは主に開いた(平らや広い)土地や地域で早く開かれた(人が多く住み始め交流が盛んになった所)を意味し平たい木がある場所を指して平木と呼び始めた例もあります。妻鳥町平木は街道に沿って繁栄した地区であり開かれた地区を意味するものです。今はありませんが平たく横に伸びた松の木が昔からあり、そこから平木としたという説もあります(妻鳥町誌)
松木とは官道の馬を繋ぐ場所を意味したり、塚の役目をした松の木や松がたくさん生えていたところから付いた土地名です。妻鳥町松木は上分町高木や北新町・金生町住吉と妻鳥町松木付近にあったとされる大岡駅(川之江町にあったとする説もあるが埋蔵物も遺跡も見つかっていない。上分町ではバイパス工事で遺跡が発見・発掘され中世に大規模部落が周辺にあり大勢が生活したと推測され、昔は田畑から土器などが出てきたという。現在は遺跡は埋められ道路になった。せめて一部だけでも保存できなかったのか。ここでも文化財軽視の風潮がみられる)は馬を駅間で継ぐ場所でもあった。ちなみに宇摩郡の宇摩はまさしく「馬」を差す。千年以上前から馬がいたことから発達した文化があったことが裏づけされ誇るべき地名である。な~んの誇りも意味もない「四国のほぼ中央」なんていう抽象的な市名にし良い市名と言いながら郷土と国を愛し誇りを持とうなんていう考え方には賛同いたしかねます。もちろん州都にならなかったら市名変更するのが筋ですが財政難とかでしないでしょうが。話が逸れましたが妻鳥町松木は馬継が「うまつぎ=馬木」と記載され、これが口伝しながら「う」が取れて「まつき=松木」となったと思われます。
スポンサーサイト
  1. 2009/02/08(日) 21:55:43|
  2. 妻鳥町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<愛媛県四国中央市妻鳥町 2008/10/15 新濱青年太鼓台 | ホーム | 愛媛県四国中央市妻鳥町 三皇神社秋季大祭 2008/10/15 中下太鼓台>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taikokura.blog82.fc2.com/tb.php/323-e478d915
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近のコメント

管理人紹介

旧川之江市在住

丸と映像

Author:丸と映像
名は無くなろうとも
故郷は消えぬ
宇摩の名は歴史に残り
見聞広めし
われ幾多の祭りを
記録に残す見物行脚

全国の祭見物行脚の 記録です。

総来訪者数


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理人直通手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。