宇摩太鼓蔵全国祭写真巻

五穀豊穣と自然への感謝と祈りを目的とする秋祭り。現代に至るまでに、途絶えた出し物もあろうが現存していることを記録に残していくことで祭りを伝えていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愛媛県四国中央市土居町長津 一宮神社秋季大祭 2008/10/15 八日市太鼓台 

15時頃から土居町内各地の神社では宮入が行われる。蕪崎では御旅は太鼓台のカキ棒に神輿を載せて神社へ向かう。この一宮神社は先に神輿が到着し、子供太鼓台は西から大人太鼓台は東から宮入。土居町内は大人太鼓台は完全新居浜型に変化したが、子供太鼓台は往昔の西讃型が少数だが現存している。新居浜に近い地区は古くから新居浜型かそれを改造した西讃型であったが東に行くと西讃型が多数であり、これは豊岡町や寒川町と共通である。では具定町は三島型で寒川中部から西讃型。この違いは何故だろうか?思うに太鼓台の伝播と関係あるように思える。三島型は派手さを求めた結果が五色の七重である。対して西讃型は赤一色の七重。三島型と西讃型は地域への伝播が違ったのではないか。三島型の原型となる形状が上方から伝わり西讃型は違う形状で上方から伝わったと解釈していけば、棲み分けの説明が付く。長くなるからこれくらいの説明にしておきます。
八日市 08151
野田八幡大神社へ寄ると宮入は終わり子供太鼓台は解体中。上市御船を捜したが見つからず一宮神社へ。宮入は15時と情報を仕入れていたが、太鼓台はおらず境内にいた人に聞くと宮入はまだで予定が遅れているとのこと。しばし待機してたら東と西から太鼓の音が。まずは子供太鼓台がならんで登場。東から大人太鼓台も2台連なり登場

八日市 08152
スポンサーサイト
  1. 2009/02/24(火) 22:25:06|
  2. 土居町長津
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<愛媛県四国中央市土居町長津 一宮神社秋季大祭 2008/10/15 藤原太鼓台 | ホーム | 愛媛県四国中央市妻鳥町 三皇神社秋季大祭 2008/10/15 平木太鼓台 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taikokura.blog82.fc2.com/tb.php/327-68507d59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近のコメント

管理人紹介

旧川之江市在住

丸と映像

Author:丸と映像
名は無くなろうとも
故郷は消えぬ
宇摩の名は歴史に残り
見聞広めし
われ幾多の祭りを
記録に残す見物行脚

全国の祭見物行脚の 記録です。

総来訪者数


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理人直通手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。