宇摩太鼓蔵全国祭写真巻

五穀豊穣と自然への感謝と祈りを目的とする秋祭り。現代に至るまでに、途絶えた出し物もあろうが現存していることを記録に残していくことで祭りを伝えていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

伝承 愛媛から来た太鼓台

昔から愛媛県より購入したと伝わる太鼓台が多い旧三豊郡。その一部を撮影したので紹介します。まずは観音寺市粟井町、粟井神社に奉納される地区の多くは愛媛県経由・もしくは直接購入したと伝わっています。とくに信末は三島型と呼ばれる五色の七重に赤トンボに2枚掛布団のまま、現在も新調されています。この信末は伝承によると三島町上町より明治時代に購入したとあり、現在の上町太鼓台の2代前にあたると思われます。ただし、掛布団の図柄が違うことと、螺鈿細工が見られないことから、もしかしたら三島町の上町の方から買ってきたと伝わっていたのが「上町」と確定的な伝承になったのではないでしょうか?また、上町は記録上では3代目にあたり、2代目は一部が四国中央市役所ロビーに展示されており、先々代にあたる初代が山本町上河内に当たると考えています。それか、あくまでも仮説ですが記録上の初代以前から太鼓台を所有しており、これを新調する際に売却されたのが信末で記録上の初代を購入したのが河内上組だとすれば河内上組太鼓台に残る螺鈿細工と赤トンボ、虎一頭の刺繍(現在の上町は玉に狂い獅子、先代は獅子一頭)からしても合点がいくように思えます。明治時代に河内上組が購入したと伝わっており、これが明治後期に上町が売却したものと考えれば良いのでは。他にも出晴も五色の七重でしたが、現在の刺繍の図柄は完全な西讃型となっており、購入当時の面影はないように見え、また上町から購入したという伝承もあるようですが、上町説よりも三島町の「何処地区」から購入したと言う見方をして調べるほうが発展性があると思います。奥谷は土居町より購入とあり、伝承によると担いで持ち帰ったとか・・・。本庄も愛媛→徳島→本庄と来たようで形状から川之江か土居ではと推測します。(参考文献 愛媛県歴史文化博物館 愛媛祭り紀行研究資料誌 伊予三島市報・太鼓台写真集 愛媛民族伝承の旅 観音寺ちょうさ祭り)   
出晴太鼓台 05 壱 
出晴太鼓台 
本庄太鼓台 05 壱
本庄太鼓台 伝承では徳島県から購入したのが始まりとあるが、愛媛県から徳島県へ流れ、購入したものでは
上野太鼓台 05 壱
上野太鼓台 愛媛県の追跡調査した資料では川之江方面より購入となっています。
信末太鼓台 05 壱
信末太鼓台
知っている人は知っている、西讃唯一の五色の七重の三島型太鼓台
スポンサーサイト
  1. 2007/02/07(水) 23:18:30|
  2. 風景
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2
<<兵庫県洲本市由良町 2007/2/11由良湊神社練子祭り | ホーム | お知らせ>>

コメント

奥谷もですか?!
しかも土居から担いで持ち帰るなんて、
凄まじい力・・・

  1. 2007/02/08(木) 22:13:23 |
  2. URL |
  3. ちま #-
  4. [ 編集]

気合としか言いようがありません。先人の体力と忍耐力、そして太鼓台に対するエネルギーは今よりも強かったのかも知れません。ちなみに、金生にも豊浜から行き帰りを担いで借りてきた地区がありました。こちらは、あまりのキツさに一度きりでしたが
  1. 2007/02/08(木) 22:37:02 |
  2. URL |
  3. 真堂 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taikokura.blog82.fc2.com/tb.php/40-d0b7f687
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

太鼓台-祭りならどんとこい

太鼓台太鼓台(たいこだい)とは、太鼓の台神社の祭礼において練り出される山車の一種。内部に必ず太鼓が積まれており、太鼓に合わせて音頭をとって担ぐ。舁き山(かきやま、担ぎ山)と曳き山(ひきやま、引き山)がある。この項目では2について説明----.wikilis{font-size:
  1. 2007/02/11(日) 02:10:07 |
  2. 祭りならどんと来い

太鼓台-祭りならどんとこい

太鼓台太鼓台(たいこだい)とは、太鼓の台神社の祭礼において練り出される山車の一種。内部に必ず太鼓が積まれており、太鼓に合わせて音頭をとって担ぐ。舁き山(かきやま、担ぎ山)と曳き山(ひきやま、引き山)がある。この項目では2について説明----.wikilis{font-size:
  1. 2007/02/13(火) 11:29:56 |
  2. 祭りならどんと来い

カテゴリー

最近のコメント

管理人紹介

旧川之江市在住

丸と映像

Author:丸と映像
名は無くなろうとも
故郷は消えぬ
宇摩の名は歴史に残り
見聞広めし
われ幾多の祭りを
記録に残す見物行脚

全国の祭見物行脚の 記録です。

総来訪者数


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理人直通手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。