宇摩太鼓蔵全国祭写真巻

五穀豊穣と自然への感謝と祈りを目的とする秋祭り。現代に至るまでに、途絶えた出し物もあろうが現存していることを記録に残していくことで祭りを伝えていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

兵庫県洲本市由良町 2007/2/11由良湊神社練子祭り

祝・四国島外遠征
念願の淡路島への遠征が実現しました。思い起こせば昨年、諸用で行った際には、ちょうど祭りの無い日曜日で洲本市の淡路史料館でダンジリを見たのみで、いつかはと思っていましたが、今回練り子祭りがあるということで行ってきました。川之江を8時半過ぎに出発し、淡路島に着いたのが10時半、それから由良まで30分くらいで合計2時間半で着きました。初めてです、2時間以上運転しつづけたのは。漁港近くに駐車して、神社へ向かいました。途中で町中を行くダンジリに遭遇しました。良く考えれば、まずは町中でダンジリを撮影すれば良かったと悔やみます。神社へ着いてもダンジリは来ず・・・。拝殿裏でダンジリ小屋らしきものを見つけました。ブラブラと本殿へ行って見たりして、時間をつぶすこと20分。やっと、ダンジリが一台づつ入ってきました。まずは子供ダンジリ、そして大人ダンジリと宮入していき、何台かは除車して担いでの宮入でした。初めて動いているダンジリを見たのですが、カキ棒が短く担ぎ上げたままの進行は難しそうでした。どうしても愛媛・香川の太鼓台をイメージしてしまい人数が少ないように感じましたが、一トンを超えるダンジリを、よく小人数で担げるものだと思いました。カキ棒が短いのはダンジリとしての要素が残っているため?それとも道が狭いから?まだまだ知識不足です。また、刺繍より彫りに力を入れていると聞いた事があったので、休憩中に各ダンジリの重受けなどを見たのですが、確かに細かな彫り物が多く、西讃から伊予三島にかけての太鼓台彫り物と西条ダンジリの融合か、中間に位置する題材や彫り方と思えました。宮入のみ見て、神社を後にしましたが、今年は春にもう一度、淡路島のダンジリをなるべく多く見ようと思います。あと、関西の縫師についても調べたいと思います。
由良 07 壱

由良湊神社 07 壱

由良 07 弐

由良 07 参

由良 07 四

由良 07 伍

由良 07 六

由良 07 七

由良 07 八

由良 07 九

由良 07 拾

由良 07 拾壱

由良 07 拾弐

由良 07 拾参

由良 07 拾四

由良 07 拾伍

由良 07 拾六

由良 07 拾七

由良 07 拾八

由良 07 拾九

スポンサーサイト
  1. 2007/02/13(火) 22:58:14|
  2. 淡路島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<兵庫県洲本市淡路文化史料館  | ホーム | 伝承 愛媛から来た太鼓台>>

コメント

探しましたが

まいど岸和田のいわねえです。
私と愛妻を探しましたが写っていませんねえ。ところで洲本の可哀そうな壇尻2台みましたか?
  1. 2007/02/14(水) 21:02:37 |
  2. URL |
  3. いわねえ #seTxSbhU
  4. [ 編集]

おっと、私は写っていました。。。^^
真堂さん、当日は白っぽい服着てなかったですか?
宇摩太鼓蔵のステッカーが見えたので、声を掛けたかったのですが、お互い写真を撮っているときでしたし、子供の面倒もみていたので、後から声を掛けようと思っていたら、もういませんでした。。。
  1. 2007/02/14(水) 21:52:38 |
  2. URL |
  3. 八栗新道 #84Y6QRd6
  4. [ 編集]

いわねえさんの情報通りに洲本史料館のダンジリを見ましたよ。え~、可哀相です・・・あの展示は展示ではなく廃棄に近いかと。洲本神社は車中で揉めてましたので(あるわけないとか連れと言い合いに・・・)行けませんでした。春に遠征しますので必ず見ます<(_ _)>
八栗新道さん、正解です(^^)白いセーターを着ていました。経験上、祭りでは逸れる事が多いので見印代わりです。今回は残念でしたが、次回はどこかで会えると思いますよ。今年は出きるだけ祭見物に費やす予定です。4月第一日曜日は淡路巡りで南あわじ市へ行こうかと考えていますし、その次は高屋祭りと毎月遠征予定ですから
  1. 2007/02/14(水) 22:13:55 |
  2. URL |
  3. 真堂 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taikokura.blog82.fc2.com/tb.php/41-6c10188f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近のコメント

管理人紹介

旧川之江市在住

丸と映像

Author:丸と映像
名は無くなろうとも
故郷は消えぬ
宇摩の名は歴史に残り
見聞広めし
われ幾多の祭りを
記録に残す見物行脚

全国の祭見物行脚の 記録です。

総来訪者数


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理人直通手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。