宇摩太鼓蔵全国祭写真巻

五穀豊穣と自然への感謝と祈りを目的とする秋祭り。現代に至るまでに、途絶えた出し物もあろうが現存していることを記録に残していくことで祭りを伝えていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

三豊市山本町河内 2006/10/1 河内神社

ネタが少なくなってきましたので、時々数年前のも掲載することにします。今回は昨年、2006年の河内神社から。この日は、午前中に伊吹島へ行き、昼過ぎの船で観音寺港に戻り、中出(雨天の為、シートをかけ集会所前に据え置き)→山本町河内地区へ。雨脚が強くなる中、長い階段を上りきると上組と下組、獅子舞がいました。拝殿屋内で舞を踊っていましたが、チラッと聞いたところによると雨の中、太鼓台は宮入りしてから2時間以上いたそうです。ここで、実は河内上組の新調話は2005年の祭りの時に上組の担き手の方と話を聞いた際に、知っていました。いや、厳密にいうと「するのではないか?」という程度の話だったので、写真は撮りませんでした。翌日の本祭りの際に、朝8時からトンボを付けるから見にきたら?と声をかけていただいたものの、当日になって稲刈り作業が入り、残念ながら行けませんでした。これは今でも悔やまれ、また折角声を掛けていただいたのに、申し訳ない事をしたと思います。「あの時、行って撮影しておけば」毎年のように繰り返しています^^;
このような事を。あ~、今年こそは河内上組を撮影しておこう。ここも貴重なメガネ型トンボだから。
河内神社 06
雨の中、拝殿前に太鼓台が宮入していました。
河内上組 06 壱
河内上組太鼓台 先代は伊予三島市上町から購入
2006年、全面新調。豊浜型と観音寺型の中間に近い形状。先代は香川県の資料館へ寄贈
河内下組 06
河内下組太鼓台
伊予国宇摩郡川之江から購入と伝わる太鼓台。珍しい黒いメガネ型トンボ。本来のトンボとは、まさにこのような形状だったのではないか?幕は2006年新調。以前は一枚水引幕で、物語刺繍は無し
スポンサーサイト
  1. 2007/03/21(水) 22:27:51|
  2. 三豊市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<西条市氷見 悠仁親王誕生記念奉祝運行 207/1/1 下町 | ホーム | 兵庫県洲本市由良町 2007/2/11 内田町>>

コメント

琴平町のちょうさの組み立てを見た後、山本町の河内地区も次週が祭礼なのでなんかやってるかな~?と覗きに行ったら、上組さんのお披露目をやっていました。
真新しい太鼓台が見れたのは嬉しかったのですが、ふるい太鼓台が見れないかと思うと少し残念でした。。。
  1. 2007/03/22(木) 21:46:57 |
  2. URL |
  3. 八栗新道 #84Y6QRd6
  4. [ 編集]

本当に残念です(T_T)古い太鼓台は早めに写真と動画に残しておかないと、気づいた時には無くなってるか新調してますから
  1. 2007/03/22(木) 22:08:54 |
  2. URL |
  3. 真堂 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taikokura.blog82.fc2.com/tb.php/51-5d115fd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近のコメント

管理人紹介

旧川之江市在住

丸と映像

Author:丸と映像
名は無くなろうとも
故郷は消えぬ
宇摩の名は歴史に残り
見聞広めし
われ幾多の祭りを
記録に残す見物行脚

全国の祭見物行脚の 記録です。

総来訪者数


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理人直通手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。