宇摩太鼓蔵全国祭写真巻

五穀豊穣と自然への感謝と祈りを目的とする秋祭り。現代に至るまでに、途絶えた出し物もあろうが現存していることを記録に残していくことで祭りを伝えていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愛媛県四国中央市三島町 三島神社秋季大祭 2010/10/22 村松太鼓台

三島神社へ奉納する村松太鼓台。昭和40年頃に太鼓台の奉納を止めたようだ。伝承では村松町の太鼓台ではなく大僧の太鼓台を村松太鼓台として運行していたとあったが、大僧には太鼓を作る職人がいたようで大僧に太鼓があったというのは、これのことでは?しかし20年ほど前に大僧の公会堂に子供太鼓台が置かれていた記憶があり、太鼓台があると聞いた覚えもある。どちらにせよ村松所有太鼓台は昭和以前に売却したようで、以後は川之江から借りてきて運行していた。上之町や新浜から借りており他の太鼓台も借りていたかもしれないがどうやら妻鳥町と関係が深く交互に貸し借りを行っていたようだ。昭和60年前後に現在の太鼓台に新調したといい中下子供太鼓台最後の年の写真は現在の村松太鼓台と同じでありこれを借りていたようだ。新浜とは隣あっており貸りたのも自然の流れかもしれない。昔は村松と妻鳥の海境には入り江になっており港として利用していたと思われる。現在も一部だが趣が残っており村松大師から新浜荒神まで入り江がある。ここに渡し舟があり村松と新浜を渡していた、海沿いは松並木が寒川から箕浦まで続いていたようで、もしどこかに松並木と太鼓台が一緒に映っている写真があれば貴重な史料である。
DSCN1938.jpg
DSCN1939.jpg
DSCN1941.jpg
DSCN1942.jpg
三島町に参加していた若衆が戻り大人太鼓台として小一時間だけ運行します。あとは23日も夕方の解体まで少しだけ大人のみで運行。昨年御年配者に聞いたところ、町民の高齢化が著しく大型太鼓台として運行するのは難しいので子供太鼓台として今後も運行するそうです。
スポンサーサイト
  1. 2011/11/03(木) 00:01:31|
  2. 旧松柏町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<愛媛県四国中央市三島町 三島神社秋季大祭 2010/10/23 太鼓台宮入 | ホーム | 愛媛県四国中央市寒川町 石戸八幡神社秋季大祭 2010/10/22 太鼓台宮入>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taikokura.blog82.fc2.com/tb.php/625-ca30cf63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近のコメント

管理人紹介

旧川之江市在住

丸と映像

Author:丸と映像
名は無くなろうとも
故郷は消えぬ
宇摩の名は歴史に残り
見聞広めし
われ幾多の祭りを
記録に残す見物行脚

全国の祭見物行脚の 記録です。

総来訪者数


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理人直通手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。