宇摩太鼓蔵全国祭写真巻

五穀豊穣と自然への感謝と祈りを目的とする秋祭り。現代に至るまでに、途絶えた出し物もあろうが現存していることを記録に残していくことで祭りを伝えていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

香川県観音寺市高室地区(高屋町・室本町) 春季例大祭 2007/4/8 室本・高屋町内  

祭り紀行 午後0時半に川之江を出発。天候は晴れ、まさに祭り日和(地元は祭りではないが)途中でビデオテープ(ミニDV)を購入し、観音寺市高屋町へ向かう。時間的に、まずは室本新田を撮影する事にした・・・が、到着すると1時半を過ぎスケジュールは破綻していることに気付く・・・。予定では一時には稲積神社にいるはずなのに、いまだ山にも登らず駐車場探し。ふらふらしてると室本新田を路地奥に発見。空き地に車を止め走る!走る!走る~。息切れしながら発見し、撮影。ビデオカメラを持つ手は振るえ動悸が激しく揺れまくり、とんでもない映像に。これは見れた物でない、お蔵入り決定。15分ばかし後を付いていきながらビデオカメラとデジカメで同時撮影。太鼓台がないと歩くことはないでしょう。玉ねぎ畑の横を通る太鼓台、月末にも似たような情景を見に行く予定。さて、大人太鼓台を撮影したから数年前から撮影できていない子供太鼓台を探すことにしたが、よく見ると大人太鼓台の先にいるではないか。だが、曲がり角で大人太鼓台が死角になり見失う・・・。ここで慌ててはいけない、この地区に太鼓台は2台だけ。小さめの太鼓台の音を聞き分けるべし。まもなく子供太鼓台を発見。阪大微研横から出てきました。ここで撮影を完了。やっとデジカメとビデオカメラに収めました。さあ、あとは稲積神社のみ、まずは近くに車を止めないと・・・、しかし駐車スペースは見つからず。しかも良く見るとなにやら路面にチョークで時刻とラインが書かれている。これは・・・、まさか駐車違反取締り?おかしい、一昨年は取り締まりなんてなかったはず!せめて祭りくらい大目にみてや!なんて警察には通じないようですな、まったく融通の利かない○○○。駐禁で切符を切られたらかなわんと、離れたところに駐車スペースを探す・・が、あるはずもなく結局は先ほど駐車した室本新田へと戻りました。移動時間20分近くが無駄になり、西上太鼓台の差し上げを見逃しました。太鼓台の次の差し上げまでの休憩の間、少し下の集落を歩いて見る事にしました。すると、西下集会所を発見!横には太鼓蔵も。昔の刺繍類などは見えませんでしたが脇に以前使っていたであろう車(ゴマ)を見つけました。思わぬ収穫に喜びながら神社への坂道を登ると、どうやら太鼓台が下りてきているよう。ここで桜と太鼓台を一台づつ撮影し、最後に四台全てが下山し並んでいる様子を撮影。これにて今年の高屋祭りの撮影が終了しました。西下太鼓台が夜太鼓の準備をしていたので見たかったのですが、愛媛県議員選の投票があるため、後ろ髪を引かれる想いで後にしました。明下太鼓台が自治会館に帰らず、走り太鼓で爆走している横を通り過ぎ帰路につきました。

稲積神社鳥居前から観音寺市街を望む
2007 稲積神社祭礼 参

鳥居の中の太鼓台
2007 稲積神社祭礼 四

桜木から望む祭り
2007 稲積神社祭礼 弐
左から 当免・明下・西上・西下
2007 稲積神社祭礼 壱

明上獅子舞
高屋明上 07 弐

岡東獅子舞
高屋岡東 07 壱 

奉納終了後、下山し一服
2007 稲積神社祭礼 六

室本新田太鼓台 地区内運行
室本新田 07 四

室本新田子供太鼓台 地区内運行
室本新田子供太鼓台 07 弐

スポンサーサイト
  1. 2007/04/08(日) 23:47:47|
  2. 観音寺市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<香川県観音寺市高屋町 稲積神社例大祭 2007/4/8 第壱号 西下太鼓台 | ホーム | 香川県観音寺市高屋町 稲積神社祭礼 宵宮 2007/4/7 第四号 当免太鼓台 >>

コメント

ご苦労様です。

真堂さんを探しましたが、知っている人と話をしていたためか、見つけ出すことが出来ませんでした。。。
今度は豊中町でお会いしましょう^^
  1. 2007/04/09(月) 18:35:06 |
  2. URL |
  3. 八栗新道 #84Y6QRd6
  4. [ 編集]

こちらこそ、探せず申し訳ないです。豊中は早いのでお会いできれば良いのですが。
  1. 2007/04/09(月) 21:55:59 |
  2. URL |
  3. 真堂 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taikokura.blog82.fc2.com/tb.php/63-76f04fe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近のコメント

管理人紹介

旧川之江市在住

丸と映像

Author:丸と映像
名は無くなろうとも
故郷は消えぬ
宇摩の名は歴史に残り
見聞広めし
われ幾多の祭りを
記録に残す見物行脚

全国の祭見物行脚の 記録です。

総来訪者数


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理人直通手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。