宇摩太鼓蔵全国祭写真巻

五穀豊穣と自然への感謝と祈りを目的とする秋祭り。現代に至るまでに、途絶えた出し物もあろうが現存していることを記録に残していくことで祭りを伝えていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

昭和20年代・宇摩郡妻鳥村三皇神社秋季大際 

昭和20年代の新濱太鼓台です。妻鳥公民館発行の郷土誌から出典です。写真の新濱太鼓台は、撮影から数年後には運行中止となり、売却されています。カキ棒には棒缶がなく剥き出しです。房も小さめで、写真ではわかりのづらいですが金縄の下には金属製の部品があります。妻鳥村では喧嘩をしていたとの伝承はありませんが、明治時代には太鼓台は6台あり、推測では「土居・中上・中下・綿市・平木。・新濱」と思われます。平木は五色の七重に白トンボだったと言われ、どうも香川方面に売却されたようです。地元の方によると、維持できず売却し音楽隊として奉納したとか。子供太鼓台は20年前から運行されたはず。近年、大人太鼓台での運行を望む声が地区内からあったようだが、少子化と戸数減により子供太鼓台を修復しながら奉納を続けると聞きましたさて、売却された新濱太鼓台は、平成に入り新濱の青年を中心として大人太鼓台を建設することになり、売却先から買い戻しました(大野原町丸井南より)。ちなみに、運行上は新濱には太鼓台は2台あり、一台は子供太鼓台とは規定されていない。よって、大人太鼓台が2台あると解釈できるし、大小2台を保有しているとも受け取れる。これは、昨年の市役所ホームページの秋祭り予定に三皇神社での奉納に大人太鼓台4台とあったことから、行政もハッキリと線引きしていないものと思われる。売却時と買い戻し時の変更点は、台車が新調され車輪がステンレス製に、台場が補強され☓印の補強木が入れられた。房が大きくなり金縄も太くなった。買戻してからは、掛布団を修復し赤布部分を少なくしたことです。
妻鳥新濱 昔壱

昔と今の最大の違いは、神社にいる見物人の数。記憶では1990年代前半までは三皇神社にも秋祭りは露天がきて、玩具やアイス、クジにオメンの屋台がありました。今はアイスの屋台が道端にあるだけです。昨年は日曜日が祭礼日ということもあり、三台の太鼓台が神社にいる時は、境内に見物人が多く、以前行っていた妻鳥町全太鼓台での奉納を思い出しました。前は、昼に神社へ全太鼓台が集まり、子供太鼓台から奉納(差し上げや御花)をして、小学校運動場へ向かい、全台が集合して昼食をとっていました。午後1時頃には、出発前に運動場で各々で差し上げや回し太鼓、練りあいなどをしてから帰っていました。今は、3台の大人太鼓台だけで神社に集まりますが、もう一度以前のように集まってほしいものです。
スポンサーサイト
  1. 2007/04/20(金) 00:51:02|
  2. 愛媛県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<昔写真 宇摩郡妻鳥村 第壱号綿市太鼓台 昭和20年代  | ホーム | 香川県観音寺市室本町 丸山神社例大祭 2007/4/8 室本新田太鼓台・子供太鼓台>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taikokura.blog82.fc2.com/tb.php/69-52968c84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近のコメント

管理人紹介

旧川之江市在住

丸と映像

Author:丸と映像
名は無くなろうとも
故郷は消えぬ
宇摩の名は歴史に残り
見聞広めし
われ幾多の祭りを
記録に残す見物行脚

全国の祭見物行脚の 記録です。

総来訪者数


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理人直通手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。